- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、7度目の挑戦も敵わず悔しい準優勝<ムチュア・マドリッド・オープン男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は11日、シングルス決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)は第1シードのR・ナダル(スペイン)に6-2, 4-6, 0-3と第3セット、第3ゲーム終了時点で錦織が棄権を申し入れ準優勝となった。

第1セット、錦織はナダル相手に思い通りのプレーをさせず、2度のブレークに成功し、最後はサービスエースを決め36分で第1セットを先取する。

《【テキスト速報】錦織が初優勝に向け第1セット先取<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

ナダルのサービスゲームで始まった第2セット、第1ゲームで錦織はこの試合3度目のブレークに成功し、またも序盤からリードに成功する。

その後は両者サービスキープが続き第7ゲーム終了後、錦織圭は腰のマッサージを要求しその後の試合を続ける。

第8ゲーム、錦織はナダルの2度のブレークチャンスを凌ぎデュースとなるが、最後は錦織のフォアがネットにかかったボールがアウトになり、ナダルにブレークバックを許してしまう。

第9ゲーム、ナダルがラブゲームでサービスキープをした後、錦織はメディカルタイムアウトを要求した。第8ゲーム以降、錦織の動きが鈍くなっていた。

第10ゲームでナダルに再びブレークを許し第2セット目を奪われてしまう。

第3セット苦しい表情の錦織は、なんとか試合を行うも動く事が出来ず錦織は第3ゲーム終了後、途中棄権を申し入れ試合終了となった。試合時間は1時間42分だった。

試合後のインタビューでは「最後まで試合が出来なくて申し訳ありませんでした。先日のバルセロナ・オープン・サバデルでの優勝もあり、スペインは故郷のように思っています。また来年戻ってきます。」とコメントした。

錦織はナダルへの初勝利、マスターズ初優勝、2大会連続優勝まで後2ゲームだった。

錦織はナダルとの対戦成績を0勝7敗と再び負けてしまったが、今年の全豪オープンでは大接戦を繰り広げ、今回の対戦では勝利まで目前とし、そして錦織はナダルから1セットを奪ったのは2008年に初めて対戦した時以来となる。

《錦織、ナダル戦後「シャワー浴びながら号泣」<全豪オープン>》

勝利したしたナダルは嬉しい今季クレーシーズン初優勝となる。

この勝利は月曜から始まるBNLイタリア国際、25日から開幕する全仏オープンへとクレーキング・ナダルとして期待がかかる。

そしてナダル優勝への期待と共に一躍、錦織圭は優勝候補となった。

今大会準優勝した事により、錦織圭は12日発表の世界ランキングで第9位となることが確定している。


【錦織圭 vs ラファエル・ナダル 過去の対戦成績】

<2014年>
・全豪オープン4回戦 錦織圭 6-7 (3-7), 5-7, 6-7 (3-7) R・ナダル

<2013年>
・全仏オープン4回戦 錦織圭 4-6, 1-6, 3-6 R・ナダル

<2012年>
・ソニー・オープン男子4回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2011年>
・ソニー・オープン男子2回戦 錦織圭 4-6, 4-6 R・ナダル

<2010年>
・ウィンブルドン1回戦 錦織圭 2-6, 4-6, 4-6 R・ナダル

<2008年>
・AEGON選手権3回戦 錦織圭 4-6, 6-3, 3-6 R・ナダル


■関連記事■

《大会初4強の錦織、トップ10入りは「知らなかった」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《錦織圭「苦手意識がなくなってきている」》

《錦織「ジョコビッチ、ナダルと戦いたい」<独占インタビュー2/2>》


■関連動画■

《元世界7位が約4年ぶりとなる悲願の復活優勝!》

《最高のタイブレーク奪取率を誇る選手が秘訣を語る!》
(2014年5月12日7時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!