- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

青山修子、杉山愛以来の複決勝逃すも「今回の結果は自信になる」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は5日、女子ダブルス準決勝が行われ、青山修子(日本)/ C・シーパース(南アフリカ)組は第8シードのシェ・シュウェイ(台湾)/ S・ポン組に4-6, 3-6のストレートで敗れ、日本女子では2007年の杉山愛(日本)以来6年ぶりの決勝進出とはならなかった。また、2003年の杉山愛以来10年ぶりとなるダブルス優勝の夢は途絶えてしまった。

ダブルスで元世界ランク1位の杉山愛は、ウィンブルドンのダブルスで2003年にK・クレイステルス(ベルギー)とペアを組み優勝、さらに2000・2001・2004・2007年には準優勝を飾っている。

この試合、青山修子/ シーパース組はシュウェイ/ ポン組に5度のブレークを許してしまい、1時間9分で準決勝敗退となった。トータルポイント獲得数は、青山修子/ シーパース組の47に対し、シュウェイ/ ポン組は61だった。

試合後、青山修子は「負けてしまって残念だけど、ここまで来れるとは思っていなかったので、これを1つの自信にして頑張っていきたい。」と、コメント。

準決勝については「思ったよりも緊張せず、今まで戦ってきたように試合に入ろうと思っていた。こんなに沢山のお客さんの前で試合をした事がなかったですが、それをプレッシャーではなく楽しみながら出来た。」と、青山修子。

「少しトリッキーなプレーをする相手だったので、なかなかリズムが掴めなかった。もう少し自分達から工夫していきたかった。私が今回このような結果を出す事を、誰も思っていなかったと思う。」

「準決勝という舞台に立てるチャンスはなかなかないけど、チャンスがあるとも感じた。今回は勢いがあったので、ここまで来れたと思う。今回の結果は自信になる。」

今年3月に行われたBMWマレーシア・オープンで青山修子は、K・チャン(台湾)とペアを組み優勝、その後のフェドカップ ワールドグループプレーオフでは日本代表デビューを果たした。

今年のウィンブルドンで青山修子/ シーパース組は、1回戦で第9シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)/ L・サファロバ(チェコ共和国)組、2回戦でI・オラル(ルーマニア)/ O・サウチュック(ウクライナ)組にそれぞれ逆転勝利して勢いの乗ると、3回戦では第6シードのL・フーバー(アメリカ)/ S・ミルザ(インド)組をフルセットで下した。

さらに、準々決勝では第16シードのJ・ゴルゲス(ドイツ)/ B・ザフラヴォワ・ストリツォワ(チェコ共和国)組を2時間34分の激闘の末に下し、日本女子で2007年の杉山愛以来6年ぶりとなるベスト4進出を果たしていた。

今後について、青山修子は「サーブの確率やスピードを上げていきたい。外人の選手に負けない体を作って、パワー負けをしないようにして、シングルスの方も少しずつでもランキングを上げていきたい。」と、話した。

最後に、青山修子は「今回は沢山の方からメッセージをいただき、色んな方に応援していただき、本当にありがとうございました。今後も、しっかり頑張っていきたいと思います。」

一方、決勝進出を決めたシュウェイ/ ポン組は、シード組と1度も対戦せずに決勝戦へ駒を進めた。青山修子/ シーパース組を破ったシュウェイ/ ポン組は、第12シードのA・バーティ(オーストラリア)/ C・デラクア(オーストラリア)組と決勝で対戦する。バーティ/ デラクア組は、準決勝で第7シードのA・グローネフェルド(ドイツ)/ K・ペシュキ(チェコ共和国)組にストレートで勝利している。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《青山修子「信じられない」、元世界1位の杉山愛以来となるベスト4<ウィンブルドン>》

《青山修子組がベスト8進出決める、4強入りなるか<ウィンブルドン>》

《8強入りの青山修子「実感がわかない」、喜びの会見<ウィンブルドン>》

《クルム伊達は混合複で8強逃す<ウィンブルドン>》

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》
(2013年7月6日12時51分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

5月29日

フルセット死闘制したゴファン、ズベレフ戦へ (8時31分)

19歳の松岡隼 プロツアーで初の準V (7時24分)

ジョコビッチ 20年連続で全仏OP初戦突破 (6時24分)

内島萌夏、四大大会シングルス初勝利 (5時55分)

全豪OP女王サバレンカ 盤石の初戦突破 (5時30分)

【告知】錦織圭vsシェルトン (4時59分)

5月28日

ジョコ Vなしで全仏OPは4度目 (23時23分)

歴代最多69大会連続出場で引退 (21時58分)

ビッグカップルが復縁、破局から一転 (20時54分)

世界2位シナー「錦織と対戦したい」 (19時43分)

加藤未唯 全仏OP連覇へ 混合複出場 (18時13分)

観客にボール直撃「混乱していた」 (17時21分)

喜び爆発!ツアー初勝利が全仏OPに (13時45分)

復活の元女王 10ヵ月白星で初戦突破 (12時59分)

【YouTube】杉村太蔵が元デ杯代表と激突!得意のサーブ&ボレーで攻略なるか?!毎トー優勝へ向け3セットマッチ (11時52分)

メド 全仏OP2年ぶり初戦突破 (11時19分)

モンフィス、ツォンガ抜き仏男子歴代最多に (10時37分)

ナダル 今後は?「自分の気持ちを確認する」 (9時13分)

日比野菜緒 全仏OP初戦敗退 (8時05分)

西岡 オジェのサーブ「どうしても崩せない」 (6時54分)

ズベレフ「最も特別な試合の1つ」 (5時53分)

大坂なおみ戦へ「準備必要」 (5時04分)

ナダル「感謝してもしきれない」 (2時57分)

引退示唆ナダル 全仏初の初戦敗退 (1時51分)

ズベレフ 全仏OPでナダル撃破 (1時30分)

【1ポイント速報】ナダルvsズベレフ (0時15分)

5月27日

錦織圭 全仏OP2回戦は世界15位 (23時36分)

西岡良仁 全仏OP初戦敗退 (23時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェアリアシム (23時05分)

大坂なおみ 2回戦はシフィオンテク (22時03分)

シナー勝利も「100%じゃない」 (21時02分)

苛立ち見せ打ったボールが観客直撃 (20時01分)

37歳ガスケ初戦突破 チョリッチにストレート勝ち (13時16分)

苦しむ元女王、全仏V後は3年連続初戦敗退 (12時35分)

錦織 “5セットキング”は継続、現役最高勝率記録 (11時01分)

錦織「様子見て決める」棄権の可能性も示唆 (9時21分)

錦織 4時間超え死闘「紙一重」で勝利 (8時37分)

ジョコ「期待は低く、望みは高い」 (7時49分)

ワウリンカ、マレー撃破で全仏OP初戦突破 (6時36分)

大坂なおみ「どの試合も勝てる」 (6時00分)

錦織圭 3年ぶり全仏OPで初戦突破 (5時35分)

【1ポイント速報】錦織圭vsディアロ 全仏OP1回戦 (1時05分)

望月慎太郎 世界8位に屈し初戦敗退 (0時33分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎、望月慎太郎 全仏OP1回戦 (0時20分)

5月26日

右腕に不安残すも完勝で2回戦へ (23時45分)

ダニエル太郎、敗退も「ポジティブ」 (23時28分)

大坂なおみ 初戦突破「緊張していた」 (22時08分)

ダニエル太郎 善戦も全仏OP初戦敗退 (21時24分)

大坂なおみ 全仏OP3年ぶり初戦突破 (21時13分)

【1ポイント速報】大坂なおみ 全仏OP1回戦 (19時00分)

日比野菜緒「すごく調子いい」 (17時38分)

西岡良仁「良いテニスできてる」 (17時07分)

大坂なおみ 四大大会全制覇「目標」 (16時17分)

ナダルコーチ「ラファは死ぬまでプレーする」 (14時59分)

20歳新星がツアー初V「大きな自信」 (11時21分)

ダブルヘッダー制し12勝目、勢いつけ全仏へ (10時23分)

ナダル「最後の全仏になる可能性は高い」 (8時45分)

西岡、五輪「もちろん出たい」 (7時29分)

【動画】現役引退を迎え涙を流すコルネ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!