- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)に自己最高の第12シードで出場した錦織圭(日本)は、2年連続の3回戦敗退に終わると同時に、大会初のベスト16進出を逃した。また、松岡修造(日本)以来18年ぶりとなる日本人男子8強入りの壁を超える事が出来なかった錦織は、自身の公式ブログで大会を振り返った。

「自分の全部は出したつもりなんですけど。何か悔しい思いがあります。」

錦織は1回戦で世界ランク110位のM・エブデン(オーストラリア)、2回戦で同84位のL・マイェール(アルゼンチン)にそれぞれストレートで勝利する好調なプレーを続けるも、3回戦で第23シードのA・セッピ(イタリア)にフルセットで敗れてしまった。

「相手(セッピ)がどんどんミスを恐れず打ってきて凡ミスも減っていたので、相手が良かったといえばそれまでなんですが、ちょっと簡単にセットをあげすぎたかもしれません。4・5セット目から相手が少しプレーを変えてきて、それに対応できなかったところが1番悔やまれます。」

3回戦で錦織は、セッピの28を上回る45の凡ミスを犯した。また、自身のサービスゲームでは6本のダブルフォルトをした事が影響し、セッピに6度のブレークを許してしまい、3時間4分で3回戦敗退となった。トータルポイント獲得数は、錦織の142に対しセッピは156だった。

「考えるだけでは勝てないのがテニス。自信を持って実行に移すことができなければ、やはり負けてしまいます。自分ではなにをすればいいのかわかっているのに、それが打てない、入らないのが負けた原因です。」

今後錦織は、7月29日から開幕するシティ・オープン男子に出場する予定。

「克服するには練習して自信をつけるしかないので、これからひたすら練習に力を入れたいと思います。しばらく試合もないので、少し休んでまたトレーニングで鍛えなおします!」と錦織は、意気込みを語った。

一方、世界ランク11位の錦織は、ウィンブルドンで2年連続3回戦敗退となったため、今大会での獲得ポイントは0となった。これにより、大会後に発表される世界ランキングでは世界トップ10入りとはならない事が確定した。

今年のグランドスラムで錦織は、全豪オープンでベスト16へ進出するも、4回戦でD・フェレール(スペイン)に完敗を喫し、2年連続の8強入りとはならなかった。そして、全仏オープンではR・ナダル(スペイン)に敗れるも、自身初のベスト16進出を果たすと同時に、日本男子として1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出を決めた。

また、アメリカ国際インドアテニス選手権ではツアー3度目の優勝を飾り、ムチュア・マドリッド・オープン男子ではグランドスラムで17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を破る大金星をあげる活躍をみせた。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 M・エブデン 6-2, 6-4, 6-3
・2回戦 勝利 L・マイェール 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・3回戦 敗退 A・セッピ 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《錦織は悔しさにじませる「物足りない」、初の16強逃す<ウィンブルドン>》

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《番狂わせについて錦織「自分には関係ない」<WOWOWインタビュー>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《「苦しかった」添田がみせた世界9位との戦い<ウィンブルドン>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年7月1日23時49分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月15日

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

7月14日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsアルカラス (23時30分)

上地結衣、四大大会複21度目V (23時23分)

川口孝大 ウィンブルドンU14優勝 (21時48分)

アルカラスのコーチ V候補は「ジョコビッチ」 (12時52分)

「ナダルvsボルグ」がツアー本戦で実現 (11時04分)

四大大会9勝目「毎回うれしい」 (10時37分)

島袋将 熱戦制しチャレンジャー決勝へ (9時26分)

三木/小田ペア、ウィンブルドンV王手 (8時25分)

死闘制し四大大会V「感動的」 (7時19分)

“絶対女王”がV 四大大会通算42勝目 (6時24分)

四大大会で2大会連続の準V (5時15分)

初Vに歓喜「人生で最高の日」 (0時45分)

ウィンブルドン制し四大大会2度目V (0時06分)

【1ポイント速報】パオリーニvsクレチコバ (0時00分)

7月13日

本田尚也 ウィンブルドンJr決勝ならず (20時19分)

ナダルがボルグ息子と練習 (19時59分)

ジョコに敗戦「チャンスあったが」 (18時59分)

2連覇に王手「どの試合も戦争」 (18時05分)

必ず5試合できる!混合ダブルス大会開催 (13時04分)

お酒好き必見!日本酒貰える大会開催 (12時55分)

ジョコ大記録へ「歴史が懸かる」 (11時27分)

島袋将 第6シードに快勝し4強 (9時42分)

メド 暴言であわや準決勝失格 (8時49分)

ジョコ「ここで止まりたくない」 (6時52分)

決勝は2年連続同カード、究極の対戦に (5時37分)

ジョコ 最多タイ8度目Vに王手 (3時54分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsムセッティ (1時01分)

アルカラス、メド破り2連覇王手 (0時38分)

【1ポイント速報】アルカラスvsメドベージェフ (0時30分)

小田凱人 ウィンブルドン準決勝敗退 (0時17分)

【動画】21歳アルカラスがウィンブルドン連覇達成!優勝の瞬間! (0時00分)

7月12日

上地結衣 2年ぶり決勝ならず (22時15分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで4強 (20時30分)

参加者全員に賞金付き大会?!テニス365大会情報 (20時02分)

ナダルと練習「特権であり名誉」 (19時02分)

昨年VシェルトンがジャパンOP出場へ (18時09分)

大坂なおみ 東レPPO2024出場表明 (12時00分)

準決勝敗退も「ポジティブな2週間」 (10時56分)

ウィンブルドンで決勝へ「想像していなかった」 (10時21分)

島袋将、快勝でチャレンジャー8強 (9時15分)

セリーナ以来の快挙でウィンブルドンV王手 (7時47分)

上地 逆転勝ちで3年連続4強 (6時47分)

本田尚也 ウィンブルドンJrで8強 (5時34分)

逆転勝ちで四大大会3年ぶりV王手 (3時46分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン女子 準決勝 (1時00分)

大躍進 四大大会で2大会連続決勝へ (0時51分)

小田凱人 2年連続ウィンブルドン4強 (0時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!