- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭が自己最高ランク更新<世界ランキング>

男子テニスの10日付世界ランキングが発表され、グランドスラムの全仏オープンで自身初となるベスト16進出を果たした錦織圭(日本)は、前回から2位上げ自己最高となる13位となった。昨年錦織は左腹斜筋(脇腹)の肉離れにより、全仏オープン欠場を余儀なくされていたため、今回全仏オープンで4回戦進出した事により180ポイント獲得し、ランキングを上昇させた。

今年、錦織は全豪オープン4回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れ2年連続のベスト8進出を逃すも、アメリカ国際インドアテニス選手権では自身3度目となるツアー優勝を飾った。その後、5月に行われたムチュア・マドリッド・オープン男子では、3回戦で元世界ランク1位でグランドスラム最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を下す大金星をあげた。

そして、全仏オープンでR・ナダル(スペイン)に完敗を喫すも初の16強入りを決めた錦織は、日本男子として1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出となった。

男子ランキング上位陣では、1位にN・ジョコビッチ(セルビア)、2位にA・マレー(英国)、3位にフェデラーと変動はなかったが、前回4位だったナダルがフェレールに抜かれて5位に下げた。今年の全仏オープンで優勝したナダルだったが、昨年も優勝していたためポイントは変動がなく、フェレールが今回全仏オープンで初の準優勝を果たし720ポイントを獲得しランキングを上げた。

今後、錦織圭はゲリー・ウェバー・オープンに第4シードで出場する。また、第1シードは大会5度の優勝を誇るフェデラー、第2シードはR・ガスケ(フランス)、第3シードは昨年決勝でフェデラーを破り優勝を飾った35歳のT・ハース(ドイツ)、第4シードに錦織圭、第5シードはM・ラオニチ(カナダ)、第6シードはP・コールシュライバー(ドイツ)、第7シードはJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)、第8シードはF・マイヤー(ドイツ)となっている。

また、錦織はラオニチとのダブルスにもエントリーしており、1回戦で第1シードのA・クレシ(パキスタン)/ JJ・ロジェール(アンティル)組と対戦する。

《ゲリー・ウェバー・オープン 対戦表》


■関連記事■

《錦織がフェデラーと練習<ゲリー・ウェバー・オープン>》

《錦織圭は第4シード、第1シードはフェデラー<ゲリー・ウェバー・オープン>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】錦織「跳ね返された」、ナダルの誕生日に完敗<全仏オープン>》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織「いつまでも彼が僕の目標」、フェデラー戦振り返る》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《錦織圭が3度目の優勝、31歳を寄せ付けず◇アメリカ国際インドアテニス選手権》


■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!さらにナダル大会8度目の優勝なるか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.169》

(2013年6月10日9時04分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!