"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPスライスで翻弄せよ

SPECIAL COLUMNS

Vol.9 スライスで翻弄せよ

次はネットプレイヤーを相手にしたときの対策。ネットプレイ対スライスではなく、いかにして相手にネットに出させないか、そのためのコンビネーションを紹介する。
ストローク戦になったとき、ネットプレイヤーは何をきっかけとしてネットアプローチを試みるのだろうか……。まずこの点を想像し理解すること。そしてネットプレイヤーたちの習性を把握することが重要だ。
彼らは、つねにネットに出るタイミングをうかがっている。これは間違いない。しかしストローク戦の初球から出るリスクも承知している。したがって彼らにとってのきっかけは、相手のコース、配球を見切ったとき。それさえできれば、すぐにでもアプローチを打ってネットに出てくる。
だとすれば、こちらはコースや配球を読まれないように工夫すればいい。詳細は図で説明するが、ようは、つねに目先を変えて、ネットアプローチしようとする相手の出鼻をくじけばいいわけだ。
一歩目を欲張らない
ネットプレイヤーたちは、同じところにボールが集まると、すぐにアプローチを打ってネットに出てくる。一カ所にボール集中すると、そのコースや配球を見切ることができるからだ。だとすれば一カ所に集めない組み立てが必要となってくる。ただしだからといって、1球ずつ左右に散らすのはこちらのリスクが高くなる。そこで2球はクロスへ打ち、3球目には浅くてもいいのでダウン・ザ・ラインへ流す。それがアクセントとなり、相手の目先は変わる。前に出る気持ちをリセットさせることができるだろう
ダウン・ザ・ラインに流したサンプラスのバックのスライス
クロスから来たボールに対して、身体の横向きを保つことで、ダウン・ザ・ラインに流しやすくしているサンプラス。なおかつ大きくフォロースルーをとることで、深いショットとすることにも成功している
<< 前ページ

「対戦相手別スライスだけのコンビネーション 03 対持久力系ベースライナー」>>

(テニスジャーナル 2004年1月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!