- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPあなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

SPECIAL COLUMNS

Vol.18 あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

タイプを自覚して、さらに上級者に

ダブルスではうまくボレーできるのにシングルスではうまくいかない。その逆で、シングルスでのボレーは得意なのに、ダブルスでは苦手という人はいないだろうか。じつはボレーにはシングルス向き、ダブルス向きの2種類がある。ここではそのタイプ分けと、苦手克服のヒントを紹介する。

たとえばダブルスの6ゲームマッチでゲームカウント4−4、あなたのサーブで30オールという状況になったとしよう。それでもあなたは何のためらいもなく、ネットダッシュできるだろうか。もしそうならあなたはダブルス派で、そのボレーはダブルス向きといえる。結果にかかわらず、前に出て勝負をつけようという自信がそこにはうかがわれるからだ。

いっぽう、ネットダッシュをするにはするが、相手のミスをかなり期待してしまうあなたは、どちらかといえばシングルス派。技術的に苦手、得意にかかわらず、そのボレーはシングルス向きである可能性が高い。もしかすると、ネットダッシュは「ダブルスだから」と義務的に行なっているだけかもしれない。

もちろんシングルスのボレーとダブルスのボレーには、技術的な差、心構えの差がある。ここではその差をプロの連続写真を例に紹介していくが、ただそうした差以上にタイプを分けるのが、じつは前述のような緊迫した場面。それでも前に出れるのか出れないのか、あるいはためらいを感じるのか。あなたのボレーがシングルス向きかダブルス向きかは、それ次第という側面もある。

ただいずれにせよ、自分がどちらのタイプかを自覚することは大切だ。自覚できれば、技術的な違い、心構えの違いなどもおそらく実感できるはず。するとおのずとどちらの種目でも対応が可能となってくる。たとえば、シングルス派がいかにして自分のボレーをダブルスで生かすか、ダブルス派がいかにして自分のボレーをシングルスに転用させるか。応用が可能となってくるのだ。

もちろんボレー上級者になれば、シングルス(以下S)でもダブルス(以下D)でもそつなくこなすはず。とはいえ、タイプの傾向はある。それを自覚できれば、さらにレベルアップも可能だ。今回の特集をそのヒントとしてほしい。

SとDでは、テイクバックの大きさが違う

象徴的なのがスウィングボレーとポーチボレー

SとDのボレーの基本的な違いは、そのテイクバックの大きさだ。威力重視のSでは大きく、配球重視のDではコンパクトにというのがセオリー。スウィングボレーとポーチボレーがそれぞれの象徴的なショットだ。

Sのボレーに威力が必要なのは、相手のパス能力が高まっているため。Sではボレー1本で決めなければ逆襲を食らいかねない。身体の使い方もそれに合わせてダイナミックだ。より大きくて速いスウィングが求められる。

その点Dでは逆襲のリスクはSほど大きくはない。自分はセーフティに返し、相手が仕かけざるを得ないような状況に持ち込むことが必要。したがって動きも最小限。余計な動きを抑えてミスを減らさなければならない。ポーチには多少リスクがつきものだが、それでも大振りする必要はない。

自分がどのような意識でボレーを打っているのか。まずこのふたつの点から見つめ直してみてほしい。
シングルス
サフィンのダイナミックなスウィングボレー
天性のボレーヤーが少なくなりつつあるプロの世界では、逆にこのショットを多用する選手が増えている。厚いグリップ、大きなテイクバック、ダイナミックなフルスウィング。ストロークと同じ感覚で打てるからだ。シングルスでオープンコートを狙うときに有効だ
ダブルス
トーマス嶋田の動きを抑えたダブルスでのファーストボレー
とりあえず返し、相手に仕かけさせることが大事なダブルスでのボレー。配球重視のため、嶋田の動きも控えめだ。もしシングルスならば、8コマ目でもう少し右肩が入って、テイクバックが大きくても構わない。しかしダブルスではこの程度のテイクバックで十分だ

「SとDでは、ひとつ前のショットの意味が違う」>>

(テニスジャーナル 2004年9月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!