"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPあなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

SPECIAL COLUMNS

Vol.18 あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

SとDでは、身体の使い方が違う

より身体の突っ込みが必要なS、呼び込んで打てるD

もうひとつタイプ分けの判断要素として挙げられるのが身体の使い方。ボレー後に、どのような動きをしているかという点だ。

たとえば、打球後に素早く前につめる動きができるのかどうか。あるいはその逆で、前に詰めることよりも次のボールに備えてすぐ体勢を整えるタイプかどうかという点だ。どちらの動きを重視しているかで、タイプは分かれる。もちろん前者はシングルス向きのボレーで、後者はダブルス向きだ。

シングルスのネットプレイでは、ファーストボレーからどんどん前に詰めてより有利なポジション取りが必要。短時間でポイントを決めてしまいたいので、後ろでつなぐようなボレーは適さない。

いっぽうダブルスでは、ボールをうまくさばくセンスは必要だが、逆に前に詰めすぎるのは禁物。その場でもいいから、もう一度ボールを呼び込んでボレーを「配球」する気持ちの余裕が求められる。あなたはどちらが得意だろうか。
シングルス
深く膝を曲げた後に前にすばやく動くヘンマンのフォアボレー
極限まで膝を曲げてボレーした後、すばやく前に詰める動きを見せるヘンマン。ロブを打たれた後は、ここからさらに下がる動きも求められる。シングルスではこの繰り返しとなるため、ある程度、フィジカル的な強さも必要だ。
ダブルス
その場で打つハンチュコバの両手打ちハーフボレー
むずかしいハーフボレーを、さして膝を曲げることなく、軽くさばくように処理するハンチュコバ。無造作にさえ見えるが、それでもある程度深さがあり、来たコースに素直に返すことができれば、ダブルスでは合格点。前につめる必要がないからこそ、できる対処法だ
ダブルス
必要以上に前に出ないハンチュコバのフォアボレー
低いボールに対するハンチュコバのダブルスでのフォアボレー。ヘンマンと同じように深く膝を曲げているが、ヘンマンほど前へ詰める姿勢を見せていない。次のショットに備えることを意識しているためだろう。ダブルスならではの対応。
<< 前ページ

「今の技術をいかにして転用させるか」>>

(テニスジャーナル 2004年9月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!