- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP試合でも使えるミス矯正法

SPECIAL COLUMNS

Vol.20 試合でも使えるミス矯正法

ミス矯正法 グラウンド・ストローク@

ミス!01 バックアウトしてしまう

チェック! テイクバックでヘッドを下げる

まず最初に挙げたいミスは、バックアウトしてしまうケース。強いボールを打とうとして、それがベースラインを割ってしまうというミスだ。つなぐ意識の高い人には比較的少ないミスだが、自分から仕かけたり打っていくタイプの人、つねにイニシアチブを握っていたい人、そしてグラウンド・ストロークに自信がある人などにありがちだ。

バックアウトの原因は、ほとんどが回転量不足。フラットに当たりすぎて、「ボールをフカしてしまった」「ボールが抜けてしまった」という結果だ。

だとすればスピンの量を増やせば、そうしたミスはとりあえずなくなるはず。そしてそのための矯正法は、「テイクバックでラケットヘッドを下げる」ことだ。とくにヘッドの先端を地面に向けるようなつもりで行なうと良いだろう。それには、意識してリスト付近を脱力させ、リラックスする必要がある。

テイクバックでヘッドが下がるエナンのフォアハンド・ストローク
どこまでがテイクバックで、どこからがフォワード・スウィングかはなかなか線引きがむずかしいが、いずれにせよラケットヘッドを一度落としてから前にスウィングするエナン。スピンがしっかりかかる打ち方だ

ミス!02 ネットしてしまう

チェック! レベルスウィングになっていないか

次は、上のミスとは反対に、ネットしてしまうというケース。強打したときにも、入れにいったときにも起こりやすく、試合中には頻繁に見られるミス。力みが原因の場合にも出るし、パワー不足が原因のときにも出るミスだ。

繰り返してこのミスを犯すときは、特定の原因が考えられる。自分ではいつもどおりスウィングしているつもりなのに、またボール自体の威力やスピードも過不足ないはずなのに、なぜかネットしてしまう、というときにはスウィングがレベルスウィング気味になってしまっているのだ。

インパクト時点とフォロースルーの時点で、ラケットヘッドの高さがあまり変わらないというのが、レベルスウィングの特徴。だとすれば矯正法はシンプルだ。意識してヘッドを上げていこうというのがそれ。インパクト後にスウィング軌道が上向きになるよう心がけたい。

インパクト後、ヘッドを上げていく
アラジの高い打点のフォアハンド・ストロークでのインパクト前後の3コマ。高い打点では、普通、インパクト後にラケットヘッドを上げていくのは(つまりトップスピンの強打は)簡単ではないが、アラジは精一杯それを行なおうとしている。このイメージを持ってほしい
インパクト前後で水平にスウィングするハンチュコバのフォアハンド・ストローク
ほぼ横振り(レベルスウィング)に近いハンチュコバのフォアハンド・ストロークの強打。インパクト後もそれほどラケットが上がっていないのがわかる。ネットのリスクが高い打ち方で、とくに低いボールのときにはその傾向が強い

「ミス矯正法 グラウンド・ストローク A」>>

(テニスジャーナル 2004年11月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!