"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP試合でも使えるミス矯正法

SPECIAL COLUMNS

Vol.20 試合でも使えるミス矯正法

ミス矯正法 サーブ

ミス!07 スウィングスピードが鈍ってしまう

チェック! トスを右斜め前へ上げ、スライスサーブを

サーブは試合中にもっともトラブルが起きやすいショットだ。とくに愛好家にとっては、その出来が試合結果を大きく左右する、重要な要素と言えるだろう。

愛好家が陥りやすい例として挙げられるのは、スウィングスピードが鈍ってしまうという症状。とくに試合中は「入れなければ」という気持ちが強くなるため、ふだんどおりのスウィングができなくなる。そして劣勢になるほど、その症状は重くなる。

その状態を緩和するにはスライスサーブが適している。スライスサーブは、エッジを走らせる感覚が必要なショット。エッジを走らせるにはスウィングスピードが求められる。つまりスライスサーブを打とうとすれば、無意識のうちにふだんどおりのスウィングを取り戻しやすいのだ。スライスサーブを無理なく打つには、トスを右斜め前に上げるのが手っ取り早い。またそのほうがエッジも走りやすい。トスでサーブを読まれるのは仕方ない。

エッジを走らせる感覚が大切
トスを右斜め前に上げれば、身体が楽に回る。その結果自然とエッジが走り、スウィングスピードも上がってくる。逆にスピンサーブを打とうとすると、徐々にトスが後ろになりがち。しかしそれでは、ますますスウィングスピードが鈍くなってしまう。入れにいく気持ちが強いときは、スライスサーブを選択すべきだ
エッジを走らせたクレイステルスのスライスサーブ
ゆったりとしたフォームから、大きくてダイナミックなスウィングでスライスサーブを打つクレイステルス。男子と比べると、背筋や腹筋に恵まれない女子選手には、スピンサーブよりもスライスサーブが適している。トスを右斜め前に上げておけば、比較的楽にエッジを走らせることができるからだ

ミス!08 デュースサイドからワイドにサーブが行かない

チェック! 右肩を回しながらインパクトする

最後は、デュースサイドからワイドにサーブが行かないというケースについて紹介する。

あなたはデュースサイドからセンターへのサーブとワイドへのサーブでは、どちらが得意だろうか。もちろん人によって得意なコースは違うし、個人差はあるのだが、それでもあえてどちらがよりむずかしいかといえば、それはワイドへのサーブではないだろうか。とくに試合終盤、結果を左右するような場面では、なかなかワイドに打ちにくいはずだ。ネットが高いうえに、サイドに切れやすいからだ。

ワイドにサーブを打つには、右肩を積極的に使う必要がある。右肩をいつも以上に回していく気持ちで、スウィングするのだ。ただ入れにいくという精神状態では、この「右肩を回す」という動作がなかなかできない。右肩を回すには「思い切り」が必要だということをつねに意識してサーブを行ってほしい。

右肩を回していく意識で
1コマ目と6コマ目、9コマ目の合成写真。右肩の位置が大きく動いているのがわかる。気持ちの上で思い切りが足りないと、右肩はなかなかここまで回らない。またたとえできても安定させるのはむずかしい。ふだんからの練習からこのサーブ、この打ち方に取り組む必要がある
右肩が回っているカニャスのワイドへのサーブ
フィニッシュで、ラケットが左腰近くにあるカニャスのワイドへのサーブ。右肩を積極に回して、大きくスウィングした結果だ。右肩を大きく回すには、腰の回転も必要。つまり身体全体を使わなければならないのがこのショットだ

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2004年11月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!