- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス編 上巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.24 誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス編 上巻

ネットプレイにはセオリーがある。トッププロたちもそのセオリーを軸に予測をたててボレーする。だとすればパスコースのセオリーを覚えれば、ネットでの迷いがなくなり、大胆な予測が可能になる。あなたもネットプレイの達人になることができるかもしれない。

ボレーヤーには「死守」しなければならないコースと、抜かれても「仕方ない」コースがある。

ネットプレイにはセオリーがある

ネットプレイでは、「アプローチをあそこに打ったら、パスはここに飛んでくる」といった、いわばセオリーのようなものがある。プロのトップ選手たちは、そのセオリーに相手の特徴などを加味しながら予測し動いている。彼らがときに取れそうもないボールを返すことができるのも、あらかじめそのコースに動いているからで、けっしてやみくもにパスを待っているわけではない。

精神的な割り切りが必要

逆に言えば、彼らはすべてのエリアをカバーしようと考えているわけではない。セオリー以外のコースはある意味捨てており、抜かれるのは覚悟の上。あるいは、もしパスのコースが読めずにネットで迷ったら、ダウン・ザ・ラインを優先的にケアする。それが彼らのネットプレイに対する基本的な考え方だ。セオリー以外のコースは相手のナイスショットと割り切っているわけだ。

51%の確率で成功すれば上出来

そもそも「51%の確率で成功すれば上出来」と言われているのがネットプレイ。最終的に2回に1回以上ポイントすれば、ネットアプローチは成功したことなる。その中にはネットインや相手の単純なパスミスなど、ラッキーポイントももちろん含まれる。ボレーではエースは狙うなと言われるのも、それぐらい、試合中のネットプレイはむずかしいからなのだ。

ボレーヤーの最低限の義務とは

とはいえ、パスがセオリー通りに来たときは絶対に抜かれてはいけない。たとえポイントできなかったとしても、少なくともラケットにボールを当てる、もしくは手(ラケット)を出してトライしなければならない。それがボレーヤーの最低限の義務でもある。そうやって、手を出すことで相手にプレッシャーをかけることができるからだ。つまりボレーヤーには「死守」しなければならないコースと、抜かれても「仕方がない」コースがあるということだ。ネット前では瞬間的にその判断が求められているわけだ。

身体で覚えることが先決

またいくらセオリーとは言っても、ネットプレイに頭で考える時間的余裕はない。相手との距離が近く、しかもボールスピードも速いからだ。そのため最終的には理屈ではなく、身体で覚えることが先決、という側面がある。そしてそれには、何度も何度もネットプレイにトライし、パスを抜かれる経験も必要だ。セオリーを理解しただけで、最初からボレーの達人になれるわけではない。その点は誤解のないようにしたい。

「死守」コース、「仕方ない」コース

こうした前提を踏まえながら、今回の特集では誰にでもできる、簡単なネットプレイの予測セオリーを紹介する。ボレーヤーが絶対に反応しなければならないセオリー通りのパスを「死守」コース、抜かれても仕方がないコースを「仕方ない」コースと呼んで、アプローチ(のコース)別にそれらがどのように変わっていくかを見ていく。なお便宜上、、ボレーヤー、パサー(パス側)は、ともに右利きを想定した。

ダウン・ザ・ラインを死守したルゼッドスキのバックボレー
セオリー通りにパスが飛んできたときには、ボレーヤーは何としてもそのボールをラケットに当てるよう努力すべき。逆に言えば、それ以外のコースは捨てるぐらいの覚悟でかまわない
死守コースに来たパスに対しては、とれなくても手を出すことに意義ある
たとえポイントできなかったとしても、そのコースに手を出すことで、相手にプレッシャーをかけることができる。コースが読まれていると思わせることができれば上々だ

「誰にでもできる簡単ネット予測 パターン 1&2」>>

(テニスジャーナル 2005年3月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!