- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPトスは前に上げすぎてはいけない!

SPECIAL COLUMNS

Vol.22 トスは前に上げすぎてはいけない!

あなたはセカンドサーブのトスアップ -とくにその位置や方向に対して- どのようなイメージを持っているだろうか。基本はあまり前に上げないこと。前に上げすぎると、セカンドサーブに不可欠なさまざまな動作が行ないにくくなるからだ。では、どの程度、上げればいいのか。その目安はあるのか。今回の特集では、スタンスとトスアップの位置という切り口で、セカンドサーブに迫ってみる。

着地点で見るセカンドサーブのトスアップ位置
トッププロは、サーブ&ボレーヤーでさえ、前に上げない

前に上げない3つのメリット
  • スピン系を打ちやすい
  • 威力も確保できる
  • 打球後のバランスを崩しにくい
誤解を恐れずに言えば「セカンドサーブではトスは前に上げてはいけない」というのが、今特集のテーマ。そのほうがいくつかの点でメリットがあるからだ。実際のトスアップ位置をサーブ&ボレーヤーの着地点から検証してみよう。

この特集のテーマはセカンドサーブ。一般愛好家ではセカンドサーブを悩みの種としている人は少なくない。今回はスタンスとトスアップの位置という切り口で、その悩みの実体に肉薄してみたい。最終的な目的はもちろんセカンドサーブを失敗しないことだが、そのためにはどのような動作や作業、そして準備が必要なのか。それらをスタンスの種類とトスアップの位置から考えてみたい。多くの読者にとって、今特集が悩み解決の糸口となれば幸いである。

まずはトスアップを見てみよう。セカンドサーブのトスアップについて読者はどのようなイメージを持っているだろうか。とくにその位置や方向に対してだ。ファーストサーブとまったく同じイメージの人はあまりいないとは思うが、ではどの程度、あるいはどのように変えているだろうか。

おそらく、初級から中級、中級から上級と腕が上がるほど、トスのイメージを変えている人の割合が高くなっているはずだ。プロにいたっては、ほぼ100%の選手がイメージを変えて打っているのが実際だ。では、ファーストとセカンドのトスアップはどのように違うのだろうか。

ファーストよりも後ろが基本

プロ、とくに男子プレイヤーの場合、セカンドでは、ファーストよりも後ろに上げるケースがほとんどだ。それがどのような動作や効果につながるのかについてはあとのページで詳述するが、ようはそのほうがスピンサーブを打ちやすいのだ。

具体的にどこに上げるかは、個性があるので一概には言えない。しかし相対的に、または程度問題として、ファーストより後ろなのは間違いない。実際、天性のサーブ&ボレーヤーでさえ、前に上げていないのが実情だ。このページの3人の連続写真を見てもわかるとおり、サーブ後の着地点はベースラインのすぐ前。ほとんど頭の真上にトスしているイメージだ。

かつてはマッケンローのように、ベースラインよりかなり前で着地するサーブ&ボレーヤーが多かった。打球後、前に倒れ込むようにフィニッシュするタイプだ。それぐらいトスが前だった。少しでも素早く前につめたいというのが、彼らの本能だったのだ。

しかし現在はあまりそのタイプはいない。今のサーブ&ボレーヤーは、早くネットダッシュすることよりもサーブの威力を重視する。パワーを「後ろから前」よりも、「下から上」に使っているのだ。だからトスはそれほど前でなくても構わない。またトスを前に上げすぎると、打球後にバランスを崩しやすくもなる。姿勢を維持するには相当の筋力、もしくはバランス・センスが不可欠で、今の選手はそのリスクを避けているのだ(そもそもサーブ&ボレーヤー自体が減少している)。

ここまで述べてきたように、セカンドサーブでは、あまり前にトスアップしないというのが、今のテニスの流れだ。次のページからは、その目的や効果を詳しく紹介することにしよう。

サーブ&ボレーヤーであるクライセックの着地点に注目

ルゼッドスキのスピン系サーブ
ビッグサーバーであり、サーブ&ボレーヤーでもあるルゼッドスキ。フラットだけではなく、スピンサーブでもスピードを備えていたのが彼の特徴だ。着地点から考えて、その彼のトスもあまり前とは言えない
ラフターのスピン系サーブ
典型的なサーブ&ボレーヤーのラフターでさえ、着地点はそれほど前になっていない。もちろん毎回同じ打ち方ではなく、ときには前に上げることもあるが、基本的にはほぼこのケースと同じはず。威力を重視した結果だ

「トスアップ位置の目安とは」>>

(テニスジャーナル 2005年1月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!