"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPトスは前に上げすぎてはいけない!

SPECIAL COLUMNS

Vol.22 トスは前に上げすぎてはいけない!

ノーマルスタンス
捻りは作りやすいが、身体を反らせにくい。長所短所が表裏一体

メリット&デメリット
  • 捻りは作りやすい
  • 左から右へのスウィングがむずかしい
最後は、オープンスタンスについて。このスタンスがセカンドにとって、どのようなメリットとデメリットがあるかを見ていこう。

身体の捻りを最大限活用できるというのが、このオープンスタンスの特徴。捻りを使えるということは、それだけ体幹部を生かした打ち方なので、強いサーブを打つことができる。仮にこのスタンスで身体を最大限捻りながら、前述の3つの動作も同時に行なうことができれば、セカンドサーブどころか、ファーストサーブとしても威力のあるショットが打てるだろう。それを実現したのが、かつてのベッカーである。

「下から上」のスウィングに特化

ただ彼以後、このタイプで顕著なトップ選手がいないように、このスタンスで3つの動作を行なうことはそれほど簡単ではない。とくに身体を反る作業がむずかしい。またバランスも保ちにくい。ということは、この特集で何度も述べているように「左から右」へのスウィングがむずかしくなる。つまりスピン系が打ちづらいというデメリットが出てくる。

ただ解決策もある。「左から右」ではなく、純粋に「下から上」のスウィングに特化するのだ。捻りは意識せず、単純に身体を反る。すると、「下から上」のスウィングが楽に行なえるようになる。多少、スウィング速度を落とす必要があるが、威力よりも確実性重視のセカンドならば問題ない。

捻りと反りの両方を実現できれば、最大の威力を求めることができるが……

オープンスタンスのエル・アイナウイ
後ろから前への要素は強いが、それに比べて、左から右(写真上は上から下)への要素が少ないエル・アイナウイのサーブ・スウィング。ファーストならば問題ないが、威力のあるセカンドを打つことは、このスタンスではむずかしい

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2005年1月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!