"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPトスは前に上げすぎてはいけない!

SPECIAL COLUMNS

Vol.22 トスは前に上げすぎてはいけない!

トスアップ位置の目安とは
実際はベースライン上付近、しかし気持ちのうえでは後ろか左

より簡単になる3つの動作
  • 身体を反らせる(筋力と相談しながら)
  • 下から上へのスウィング(リストの脱力)
  • 左から右へのスウィング(右利きの場合)
トスアップを前に上げすぎない。ここでは、その目的や効果についてもう少し踏み込んでみる。トスを前にしないことで、どんな動作がより楽になったり簡単になり、それがセカンドサーブの安定につながるのかを考えてみたい。

前のページでは、セカンドサーブのトスアップはあまり前に上げないのが、今の主流だと述べた。そのほうが威力を確保できるし、バランスも崩れにくく、またスピンサーブが打ちやすいからだ。

ここでは、その目的や効果についてもう少し踏み込んでみる。トスを前にしないことで、どんな動作がより楽になったり簡単になり、それがセカンドサーブの安定につながるのかを考えてみたい。

スピンサーブに不可欠な動作とは

スピンサーブで大切な動作とは以下の3点だといわれている【すべて右利きを想定。またとくに指定がない限り、ここでいう左(側)とはアドサイド方向のこと、右(側)はデュースサイド方向】。

 ●身体の弓なり
   身体の弓なりとは、文字どおり、身体を反らすこと。もちろん反らすだけでは不十分で、それを戻すことが前提。つまり自分の筋力と相談し、限界を超えない範囲で身体を反らすことが必要となってくる。

 ●ラケットダウン
   ラケットダウンとは、ようは下から上へのスウィングのための助走のこと。テイクバック時から力みを抜きリストを脱力状態にして、いかにヘッドを下に落とすことができるかがポイント。その助走距離が長いほど良い。

 ●左から右へのスウィング
   左から右へのスウィングとは、アドサイドからデュースサイド方向へのスウィングのこと。純粋に真横に振るわけではないにせよ、少なくとも要素としては「後ろから前」以上に強い。サーブ時には、その点は強く意識すべきだ。

いずれにせよ、この3つの動作を実践すれば速いスウィング・スピードがなくても、縦回転をかけることができるとされている。つまり確率の高いセカンドサーブを打つことが可能になるわけだ。

左へのトスも選択肢のひとつ

話をトスアップに戻すと、こうした一連の動作を流れの中で、比較的楽に行なえるのが、前に上げないトス、極論すれば後ろめのトスなのだ。

もちろん後ろといっても、それはあくまでもファーストと比べて、あるいは意識の中でという意味。実際のトスアップの位置はベースライン上付近だと思われるが、それも目安にすぎない。前述したとおり、トスアップは、個性やスタンスとも関わってくるので、「ここ」と具体的に特定するのはむずかしい。

ただ、後ろめにするだけではなくて、より左に上げると、前述の「左から右へのスウィング」が強まることになる。もちろん身体の弓なり具合が強まるので、それは筋力との相談となる。しかし確実に身体の反りを戻すことができるならば、左へのトスアップも選択肢のひとつといえる。

次のページからは、こうした3つの動作との関連性を交えながら、スタンス別にセカンドサーブのより良い打ち方、そのコツを紹介していこう。

一度ヘッドを落としたあと、左から右へのスウィングを行なうヘンマン

一度ヘッドを落としたあと、左から右へのスウィングを行なうヘンマン

左から右へのスウィングを行なうヘンマン
真横とはいえないにせよ、ベースラインとわずかにクロスした程度のヘンマンのスウィング。左から右への要素が強いセカンドサーブならではのフォーム
左下から右上へスウィングするロディックのサーブ
本文ではわかりやすくするために、スウィングを「左から右」と「上から下」とに分けて述べた。しかし実際はもちろんそれらは複合的。このロディックの連続でもわかるように、「左下から右上」というのが現実だ
<< 前ページ

「ノーマルスタンス / 極端なクローズドスタンス」>>

(テニスジャーナル 2005年1月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!