- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP次の対戦相手の試合の見方

SPECIAL COLUMNS

Vol.21 次の対戦相手の試合の見方

対戦相手の観察は大事とわかっていても、事前に相手のプレイを見ると「雑念」や必要以上の「緊張」などが生じてしまい、相手が実際以上にうまく見えてしまうことがある。ここでは、そうしたマイナス面を上手に払拭しながら、相手の弱点を見つけ、その対策法を練るための「試合の見方」を紹介する。

じっくり分析できるのは試合前だけ!
次の対戦相手のチェックは絶対に欠かせない

草大会といえども、情報収集が鍵を握る

あなたは試合前に、次の対戦相手の試合を見るタイプだろうか。それとも見ないタイプだろうか? 戦略を練るという意味では、見たほうがいいに決まっている。しかし、「雑念が出る」「余計なことを考える」「必要以上に緊張する」などの理由で見ない人がいるのもたしかで、その気持ちもわからないではない。そこで今回のこの特集では、雑念もなく、余計なことも考えず、そして必要以上に緊張もしない「試合の見方」を紹介する。

その前に、そもそもなぜ対戦相手の試合をチェックをする必要があるのか。この点を確認しておこう。

最大の理由は情報の重要性だ。もし対戦相手と力が拮抗している場合は、情報を持っているほうが圧倒的に有利。草大会では知らない相手の場合が多いので、事前に相手の情報を収集するには、試合前のチェックしかない。試合直前の短い練習(ウォーミングアップ)では、情報も限定的。本当にはわからない。

また「対戦相手は関係ない。自分のプレイをするだけ」という強気の人もいるが、それが実際に通用するのは、自分よりもレベルがかなり下の対戦相手のときだけ。しかも決勝や準決勝ではそんな相手は期待できない。レベルが上がっている今の草大会では情報は必要不可欠なのだ。

だとすれば、「見ない」のは油断に他ならないということになる。あるいは、試合放棄も同然だ。試合に勝ちたいなら、「対戦相手の試合を見て」、観察するしかないのだ。

考えてみれば当然。理由はちゃんとある
相手はうまく見えてしまうもの。でも気にしない

「相手の試合を見なくてはならない」ことは理解してもらえたと思う。ただその作業に問題がないわけではない。前述したように、「雑念」「余計なこと」「必要以上の緊張感」などメンタル的なトラブルが生じてしまう恐れがあるのだ。それは、相手がうまく見えてしまうことに起因しているのだが、ではなぜ相手がうまく見えてしまうのだろうか。
その理由はちゃんとある。考えてみれば当然ともいえる、それなりの原因があるのだ。

強さを認めながら、相手の弱点を探る

「相手がうまく見えてしまう」のは、リードしている側に目が行きがちだからだ。次の対戦相手は、当然その試合に勝った人。負けている選手を観察しても意味はない。またリーグ戦でその両方の選手と戦うこともあるが、それでもリードしている側、つまり強いほうの選手のプレイがどうしても気になるものだ。そしてリードしているということは、その試合を支配・コントロールしているということでもある。得意なプレイだけではなく、実力以上のショットが出るケースも少なくない。すると、見ている側からすれば、その人の長所はいやでも目に入ってきて、自然とうまく見えてしまう。そしてそのイメージが強烈に残る。それが前述のメンタル的なトラブルにつながってくるのだ。

大切なのはその強さを認めながら、同時に弱点を探るという姿勢。そしてただ漠然と見ているだけではそれはできない。自ら積極的に探らなければ、弱点は見つけられない。

「技術だけではない。フィジカル面も要チェック!」>>

(テニスジャーナル 2004年12月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!