"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP次の対戦相手の試合の見方

SPECIAL COLUMNS

Vol.21 次の対戦相手の試合の見方

技術だけではない。フィジカル面も要チェック!
長所の見方と短所の見抜き方、そのコツとは

前のページでは、長所は自然と見えてくるが、短所は探らなければ見えてこないと述べた。ここではその両方を「観察」するためのコツを紹介しよう。

得点パターンの中の決定打をインプット

まずは長所から。長所を見るときに大切なのは、あまり深く考えないということ。深読みしすぎて、頭が混乱しかねないからだ。得点パターンを把握することは大切だが、その組み立ての一つひとつまで覚える必要はない。クロスに打って、次にダウン・ザ・ラインに流して、最後はアングルに……などど、細部にこだわる必要はない。その中の決定打をインプットするだけで十分だ。

また観察するときはつい技術面ばかりに目が行きがちだが、それ以外でも見るべき点は多い。スタミナ、フットワークなど基礎体力部分がそれだ。これらの要素が、得点パターンを支えていることも多い。弱点に関しても同じことがいえる。技術的にミスが多いショットやパターンをチェックすることも大切だが、それを誘発している体力要素を把握することも忘れてはいけない。左右の動きは良くても、前後の動きはそれほど……といった情報を事前に察知しておけばかならず試合に役立つ。

メンタルに関しては、一点のみチェックポイントがある。リードしているにもかかわらず、その勢いに乗り切れず、勝つのにもたついているかどうかだ。もたついているならば、つけいるチャンスが大いにあるということ。それ以外のケースは状況的にメンタルの参考にならない。

いいイメージだけが膨らんでしまいかねないため
対戦相手の試合は最後まで見てはいけない

相手の長所と短所をそれぞれ把握したら、そうそうに引き上げるべきだ。次の対戦相手の試合を見ることは大切だが、それを試合終了まで律儀に行なうことはない。逆に悪影響が出かねないからだ。

悪影響とは、もちろん前述した「相手がうまく見えてしまう」ということ。それを踏まえたうえで観戦していても、長く見続けると相手のいいイメージだけが膨らんでしまう。そのうえ試合終了まで見てしまうと、相手が勝ったイメージが強烈に残る。理想的とはいえない心理状況で試合に臨むことになるわけだ。

本番で思考が鈍っているという状況は避けたい

また長く見続けると、頭が疲れてくる。気軽に見ているのと、相手のプレイを分析しながら見るのとでは、その疲れ方は大きく異なる。草大会ではその後すぐに試合ということも珍しくないが、そのときに頭が疲れて、思考が鈍っているという状況は、避けなければならない。

目安はせいぜい、試合の1/3程度。3セットマッチなら、1セットまで。8ゲーム先取なら、合計6〜7ゲームまで。その中で、長所と短所、そしてその前に、どちらが勝つかを見極める作業が必要となってくる。もちろん保険として、負けそうなプレイヤーのチェックも怠ってはいけない。見極めた後で、逆転して勝つというケースもけっして少なくないからだ。ただ理想をいえば、そのケースも想定したうえで分析・判断すること。ある意味、テニスに対するあなたの観察眼が問われているのだ。

<< 前ページ

「観戦中に対戦シミュレーションは厳禁!」>>

(テニスジャーナル 2004年12月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!