"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPあなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

SPECIAL COLUMNS

Vol.18 あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?

今の技術をいかにして転用させるか

S派はストレートへ、D派はオープンコートへ

最後にS派のダブルス用ボレーと、D派のシングルス用ボレーについて紹介したい。

ここまで見てきたように、S派は「アプローチ」で押し込んでおいて、オープンコートに打つのが得意。つまりリターナーがいないところにボレーすることが多いわけだ。これはDでいうところの「ストレートにボレーを流す」という、ファーストボレーから相手前衛を狙うという作戦だ。一般的には奇襲攻撃のように思われているが、S派ならばトライする価値はある。無理にクロス(来た方向)に返そうとしてぎこちなくなるより、よほど効果的だ。

逆にD派は、もっとオープンコートに打つことを心がけたほうがいいかもしれない。D派には、Sでもクセでボールが来た方向に返してしまう人が多いはず。しかしSではオープンコートに打ち続けて相手を追い込むのがセオリー。それができていないとすれば、おそらく技術ではなく意識の問題。Sではオープンコートをどんどん狙っていこう。
シングルス
ダブルスにも使えるルゼッドスキのフォアボレー
S派のプレイヤーは、じつはダブルスできっちり相手リターナーにボレーを返すのが苦手なもの。それを無理に行なうよりも、ファーストボレーから「ストレートに流す」という展開を積極的に使ってもいい。この連続写真はシングルスでのものだが、「ストレートに流す」ボレーの参考になるはずだ。
ダブルス
オープンコートへ運ぶようなグロージャンのフォアボレー
D派のボレーヤーは、技術的には高いものがあるが、シングルスでもクセでリターナーのいるところにボレーしがち。しかしシングルスではオープンコートがセオリーなので、もっと意識的に、もっと積極的に相手のいないスペースにボレーを運んでみよう。この連続写真はその見本的なショット

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2004年9月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!