"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPスライスで翻弄せよ

SPECIAL COLUMNS

Vol.9 スライスで翻弄せよ

ここからは、対戦相手をタイプ分けして、それぞれに適したスライスのコンビネーションを紹介しよう。
まず最初は、ハードヒッターから。
トップスピンの強打でぐいぐいと押してくることが多いこのタイプは、ある意味、スライスにとって与しやすい。相手はつねにフルスウィングを強いられ消耗し、一方こちらは最大限、相手の力を利用し消耗を抑えながらプレイすることができるからだ。長丁場になればなるほど、そのギャップは大きくなってくる。これは、大きなアドバンテージだ。
具体的な組み立ては下の図の説明に譲るが、ようは、相手を走らせ消耗度をアップさせればいいわけだ。ただしそれには条件がある。相手の強打を自分が組み立てどおりにコントロールできなければならないのだ。それが無理だと判明したら、あとはやることはひとつ。徹底的にセンターをついて、サイドアウトを誘うしかない。ハードヒッターには、エース狙いのサイドアウトがつきものだからだ。
一歩目を欲張らない
相手の消耗を誘うには@クロス→Aダウン・ザ・ライン→Bショートアングルがオーソドックスなセオリー。相手は対角線の移動を強いられるからだ。とくにこのタイプのスピナーは両手打ちが多い。両手打ちにとってバックの短いボールはもっとも処理しにくいショット。この中でキーとなるのは最後のショートクロス。相手の高く跳ねるボールに対し、しっかりと手首をコックし短いフォロースルーで意図的に浅く打つ技術が求められる
高い打点に手首をコックしラケットを立てて対処するフェデラー
自分の肩よりも高い打点にもかかわらず、無難に処理するフェデラー。少しでも上から下のスウィングを行なうため、より高くテイクバックし、ラケットを振り下ろしている。しっかりとラケットを立てている点も模範的だ
<< 前ページ

「対戦相手別スライスだけのコンビネーション 02 対ネットプレイヤー」>>

(テニスジャーナル 2004年1月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!