- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界191位 ワウリンカ撃破

ニコラ・マウー
(左から)マウーとワウリンカ
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスのフィーバー・ツリー・チャンピオンシップス(イギリス/ロンドン、芝、 ATP500)は20日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク191位のN・マウー(フランス)が第7シードのS・ワウリンカ(スイス)を3-6, 7-5, 7-6 (7-2)の逆転で破り、ベスト8進出を果たした。

予選から勝ち上がってきたマウーはこの日18本ものサービスエースを決められたが、最後はワウリンカからミスを誘い出し、2時間10分で激闘を制した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはマウーのオンコートインタビューの様子が掲載されている。

「素晴らしい試合だった。後半は、よりいいプレーができた。第2セットの終盤でリターンがよくなって挽回できた。ファイナルセットも3−5とリードされたけど、しっかりサービスをキープして、簡単に試合を終わらせないようにした。最後はなんとか追いついて、タイブレークへ持ち込んだ」

「自分はツアーでパワーのある選手でもないし、すごいサービスを打つ選手でもない。だから、より早くボールをとらえて、ボレーが得意だからなるべくネットへ出るように芝では心掛けている。他のサーフェスより、そのプレーを多くしている。それがうまくいったし、芝では他のサーフェスよりも選手を倒せると感じている」

37歳のマウーは、今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で3回戦へ進出する活躍を見せていた。

準々決勝では、世界ランク38位のG・シモン(フランス)との同胞対決に臨む。シモンは2回戦で第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)をフルセットで下しての勝ち上がり。

マウーは「(準々決勝の)鍵はしっかり回復すること。それが最初のステップで、次は自分のプレーをすること。彼(シモン)はずっとトップ30とかトップ50にいる選手。彼には何度も負けているけど、しっかり自分のテニスをして、明日どうなるかやってみるつもり」と意気込んだ。

同日の2回戦では第1シードのS・チチパス(ギリシャ)、第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)、第6シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第8シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)が8強へ進出。昨年覇者で第5シードのM・チリッチ(クロアチア)は世界ランク23位のD・シュワルツマン(アルゼンチン)にストレートで敗れた。

「男子テニスATPツアー500 ハレ」
「男子テニスATPツアー500 ロンドン」

【配信予定】
6/17(月)〜6/23(日) WOWOWメンバーズオンデマンドにて限定配信!
※大会1日目無料配信

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大逆転で3時間の死闘制す
・デルポ 骨折で手術の可能性
・フェデラー 最新ウエア公開

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月21日17時03分)

その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!