- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

引退のテニス選手2017 第2弾

男子プロテニス協会のATPは、2017年に引退した選手11人を2度にわたって特集。20日の第2弾では5選手を紹介した。

>>引退のテニス選手2017 第1弾<<

【ラデク・シュティエパネック(11月14日引退)】

20年におよぶプロテニス人生に幕を下ろしたR・シュティエパネック(チェコ)は、引退を発表したわずか2週間後にN・ジョコビッチ(セルビア)のチームへ加わり、新しい人生のページを開いた。

独特なストロークに加えてネットプレーでも繊細なタッチを披露していたシュティエパネックは、シングルスで5度の優勝、ダブルスでも18度の優勝を飾った。

38歳まで戦い続けたシュティエパネックは、3月22日に痛めていた腰の手術を行った。そこから自身は復帰が厳しいと感じており、引退の決断に至った。

2006年7月10日にシングルスで自己最高の世界ランク8位、2012年11月12日にはダブルス世界ランク4位を記録。11シーズンにわたりシングルスでもダブルスでもトップ100を維持し続けた。

そして、L・パエス(インド)と組んで2012年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と2013年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)男子ダブルスで優勝。

また同胞のT・ベルディヒ(チェコ)と共にチェコ共和国のデビスカップ連覇達成へ貢献した。2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)では、L・フラデカ(チェコ)と組んでミックスダブルスで銅メダルを獲得した。


【ポール=エンリ・マチュー(10月29日引退)】

シングルスで4度優勝したP・H・マチュー(フランス)は、2002年のクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、ATP250)とテニス・グランプリ・リヨン(フランス/リヨン、室内ハード、ATP250)で優勝し、2002年のATPニュー・カマー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

残る2度の優勝は、2007年4月のハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシ、レッドクレー、ATP250)と同年7月のスイス・オープン(スイス/グシュタード、レッドクレー、ATP250)。2008年4月7日には自己最高の世界ランク12位を記録した。

19年のプロテニス人生でマチューは、数々のけがにも泣かされた。手首、太ももに加えて、膝は3度の手術。2012年から2013年には妻がホジキン・リンパ腫を患ったが、マチューも共に戦い克服していた。


【ベンジャミン・ベッカー(9月16日引退)】

臀部のけがでテニス人生に終止符を打ったB・ベッカー(ドイツ)は、2018年春に男子テニス部のボランティア・コーチを務めるアメリカのテキサス州にあるベイラー大学で経営学の学士号を終了する予定。

36歳のベッカーは2004年の大学生時代に、同大学を初めてNCAAのチャンピオンへ導き、シングルスでも優勝した。

2011年に2度の肘の手術を受けていたベッカーは、2014年10月27日に自己最高の世界ランク35位を記録。それは初めてトップ50入りしてから、8年後のことだった。

唯一のツアー優勝は2009年のリコー・オープン(オランダ/スヘルトヘンボシュ、芝、ATP250)で、決勝ではR・スロイター(オランダ)を下してのタイトル獲得だった。また2度のツアー準優勝、トップ10選手からは6度勝利した。


【マルコ・キウディネッリ(10月24日引退)】

M・キウディネッリ(スイス)が現役最後の大会に選んだのが、地元のスイス・インドア(スイス/バーゼル、室内ハード、ATP500)だった。その大会はテニス人生で1番好成績を残した思い出の大会だった。

2009年の同大会では、P・コールシュライバー(ドイツ)R・ガスケ(フランス)らを倒して4強進出。準決勝では子どもの頃からの友人であり、ダブルスも組んでいたR・フェデラー(スイス)に敗れた。

この10年間は肩と膝のけがで思うようなプレーができなかったキウディネッリは、2010年2月22日にシングルスで自己最高の世界ランク52位へ浮上。下部大会のATPチャレンジャーでは10度優勝した。

スイスを代表してデビスカップへ出場し、2014年には優勝に貢献した。


【マリウス・フィルステンベルク(9月16日引退)】

M・フィルステンベルク(ポーランド)は17年のプロテニス人生を母国ポーランドで行われたATPチャレンジャーのペカオ・セジェチン・オープンで終えた。その大会は2001年にフィルステンベルクがダブルスへ専念して初めて出場した思い出のある大会だった。

その後フィルステンベルクは、M・マトコウスキー(ポーランド)と組んで15度のダブルス優勝を飾った。それには2008・2012年のムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)が含まれる。

また、2011年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では準優勝。ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、インドアハード)には5度出場し、2011年にタイトルを獲得した。

2012年8月6日には、ダブルス自己最高の世界ランク6位を記録し、ダブルスでのツアー優勝は18を数えた。






■関連ニュース■

・ナダル破ったソダーリン引退
・八百長処分中にGS予選参加
・猿とテニス 会場大盛り上がり
(2017年12月21日10時46分)

オススメ記事
その他のニュース

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!