- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル破ったソダーリン引退

男子テニスで全仏オープン2度の準優勝を飾った元世界ランク4位のR・ソダーリン(スウェーデン)が、長らく苦しめられてきた病のため、現役生活にピリオドを打つ決断を下したことを明らかにした。

現在31歳のソダーリンは、ビッグ・サービスを武器として活躍し、2009年の全仏オープンではそれまで同大会31連勝で無敗だったR・ナダル(スペイン)から初めて勝利を飾り、一躍世界の注目を集めた。決勝戦ではR・フェデラー(スイス)に敗れるも準優勝を飾り、2010年も決勝戦でナダルからリベンジされるも2年連続の決勝進出を果たした。

しかし2011年に腺熱を患うと、それ以降世界の舞台に戻ることはなかった。

通算成績310勝170敗のソダーリングは当初、来シーズンでの復帰を目指していると伝えられていたが、自身の公式ホームページで引退の意思を明かしていた。

「皆さんへお伝えしたいことがあります。プロテニス選手としての生活にピリオドを打つ決断を下しました。この病を抱えた状態では、100パーセントの練習は不可能で、肉体的な努力を行うと、すぐに休養を強いられてしまうのです。ある時期はかなり症状が悪く、全く寝たきりになったりもしていたのです。」

昨年は状態もかなり改善されたとしながらも「自分が望んでいるレベルで再びテニスをするには、また十分な健康を手にすることは出来ないと悟ったのです。だから、プロテニス選手としての人生に終止符を打つ決断をしました。」と引退を決断した経緯を語っていた。

ソダーリンはキャリア通算10度の優勝を飾っている。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ナダル「最も厳しい準々決勝」
・「ナダル伝説」終焉か
・越智「錦織君のバックは凄い」
(2015年12月24日15時58分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!