- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

西岡 杉田の活躍は「悔しい」

西岡良仁
インタビューに応じた西岡良仁
画像提供: tennis365.net
男子テニスで今年3月に世界ランク58位へ上り詰めた西岡良仁は24日にtennis365.netの独占インタビューに応じ、今シーズンを振り返った。


【「杉田さんの活躍を素直にすごいと思う反面、悔しい」】

現在22歳の西岡は今季躍進。3月のアビエルト・メキシコ・テルセル(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)でATP500初のベスト8進出、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)は4回戦でS・ワウリンカ(スイス)に惜敗もマスターズ初の16入りを果たした。

世界ランキングも上昇する中、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で左脚の前十字靭帯断裂により手術を決断。ツアー離脱を余儀なくされ、現在は2018年の復帰を目指している。

西岡が休養中、日本勢では7月のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)で杉田祐一が日本男子史上3人目のツアー優勝。世界ランキングは錦織圭に次ぐ日本男子史上2人目の30位台へ浮上した。

さらに10月の楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)でマクラクラン勉/ 内山靖崇組が日本ペアで2005年の岩渕聡/ 鈴木貴男組以来12年ぶり、史上2組目の快挙を成し遂げた。

これを受けて西岡は「悔しさはありました」と素直に答えた。

「テニスができなくなって、最初は仕方ないと思っていました。でも時間が経つとテニスを見る機会が増え、そうすると悔しくなりました。結果を見ると自分がけがをしなければどうなっていたかな、自分はもうちょっといけたかなとかを考えてしまった。杉田さんの活躍を素直にすごいと思う反面、悔しい部分がありました」

2018年1月1日からオーストラリアで行われるATPチャレンジャーで復帰を予定している西岡は「試合に出れなかった分、違う気持ちで試合に臨めると思います。今まで回っていたツアーが『やっと回れる』になるので。それを大切にしたいです。試合に出場することが現時点での目標、次は世界ランク58位に早く戻りたい」と再起を誓った。


【西岡に敗れたソックがATPファイナルズ出場】

アビエルト・メキシコ・テルセル準々決勝でR・ナダル(スペイン)と激闘を演じた西岡だが、同大会の1回戦ではJ・ソック(アメリカ)に勝利していた。

そのソックは10月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)でマスターズ初優勝、さらにNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)初出場からベスト4へ進出する快進撃を見せた。

日本勢の活躍に続き、西岡は「悔しかったです」と口にした。

「杉田さんも(W&Sオープンで)勝っていたので悔しかったと思います。ソック選手がすごいのは、大きい大会に強いこと。インディアンウェルズとマイアミで上位進出、パリで優勝。最終戦でA・ズベレフ(ドイツ)M・チリッチ(クロアチア)に勝ったのは驚きでした」


【1番の目標はグランドスラムの優勝】

世界ランキング1位ではなく、四大大会の頂点を目標にしていると話す西岡は、その中でも全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で優勝したいと述べた。

「特に全米と相性がいい。ジュニアの頃も単複でベスト4へ入ったり、初めて出たグランドスラムはジュニアもプロになってからも全米。本戦1回戦を初めて勝ったのも全米。全米で初めて経験したことが多いので、そこで勝ちたいです」

復活を目指す西岡は、2018年、オーストラリアのATPチャレンジャーからスタートさせ、エキシビションマッチのクーヨン・クラシック(オーストラリア/クーヨン、ハード)、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と続く。






■関連ニュース■

・西岡、錦織「超強かった」
・キリオス 手術の西岡へエール
・西岡良仁 錦織は「大先輩」
(2017年12月1日11時03分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!