- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂なおみ 流れ変えた「考え」

大坂なおみ
右肩の治療を受ける大坂なおみ
画像提供: tennis365.net
女子テニスの東レ パン パシフィック オープンテニス(東京/有明コロシアム、ハード、WTAプレミア)は25日、シングルス決勝戦が行われ、元世界ランク1位のC・ウォズニアキ(デンマーク)に5-7, 3-6のストレートで敗れるもツアー初の準優勝を果たした18歳の大坂なおみ(日本)は試合後の会見で、試合中のウォズニアキのメディカルタイムアウト時に「いろんなことを考えすぎた。プレッシャーを感じた部分もあった。」と敗因を語った。

>>東レ対戦表<<

決勝戦、第1セットの第3ゲームで先にブレークした大坂は、その後もリードを守り試合を展開していたが、ゲームカウント4−3となった場面でウォズニアキがメディカルタイムアウトを要求。治療のために一度コートを離れ、大坂に数分の待ち時間があった。

その後、試合が再開された直後の第8ゲームでウォズニアキにブレークバックを許した大坂は、第11・第12ゲームを連取されて第1セットを落とし、ウォズニアキに傾いた流れを引き戻せずに1時間46分で敗れた。

「自分自身ちょっと経験が足りないなと思った部分でもあった。対戦相手がメディカルタイムアウトを取るという状況にまだ慣れていないので、自分のプレーに集中すべきだったという反省点がある。コート上で何が起きても、落ち着きをずっと保つことは学んだ。」と話した大坂。

「勝つ上で良いチャンスが生まれたのかもしれないとも思ったし、ウォズニアキ選手の状態は大丈夫なんだろうかとも考えた。深刻な怪我でなければいいなとも考えてしまった。あの出来事に対して、自分がいろいろ考えすぎたんだと思います。」

「もし彼女(ウォズニアキ)の状態が良くないのであれば、私がこのセットを確実に取らなければいけない立場になったかもしれないというプレッシャーを感じた部分もあったかもしれません。」と当時の心境を語り、それが試合の流れを変えた1つの要因だったのかもしれない。

また、第1セット終了時にメディカルタイムアウトを要求し、右肩の治療をしていた場面もあった大坂は「去年の同じ時期にあったのと多分同じものだと思う。正確なことは言えませんが、もしかしたら肩の腱炎なのかなと思っています。」と述べ、自身の持ち味である強力なサービスは試合後半ではなかなか打つことが出来ていなかった。

>>チケット・大会詳細はコチラ<<






■関連ニュース■ 

・大坂なおみ セリーナ抜き1位
・元女王、大坂なおみに太鼓判
・大坂なおみは「危険な選手」
(2016年9月25日16時54分)

その他のニュース

10月21日

【速報中】杉田vsデル=ポトロ (1時30分)

10月20日

全日本選手権 20日予選結果 (22時32分)

佐藤久真莉、複で決勝進出 (21時08分)

清水/田島組 決勝進出ならず (20時37分)

ダニエル太郎、綿貫陽介破る (18時42分)

【1ポイント速報】ダニエルvs綿貫 (18時41分)

キリオス けがで今季終了へ (14時37分)

荒れ模様 第1シードも初戦敗退 (13時31分)

NB決勝大会進出者決まる (12時01分)

今季終了を報告「申し訳ない」 (11時00分)

惜敗マクラクラン組 4強ならず (10時34分)

杉田祐一、準々決勝はデルポ (7時25分)

鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾 (7時00分)

10月19日

清水悠太らスーパーJr8強 (22時28分)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破 (21時03分)

【1ポイント速報】杉田vsバグダティス (21時00分)

連敗脱出 4年連続の準々決勝へ (17時51分)

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!