- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 次回優勝を宣言

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は7日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位N・ジョコビッチ(セルビア)は、全仏初制覇、さらに史上8人目となる生涯グランドスラム達成を第8シードS・ワウリンカ(スイス)に阻まれた。6-4, 4-6, 3-6, 4-6の逆転負け。試合後、3度目の準優勝となったジョコビッチは、全仏オープンで優勝するまで諦めないと宣言した。

決勝戦、ジョコビッチは第1セットを先取し、全仏初優勝へ前進。

しかし、徐々に試合の主導権をワウリンカに握られ、次々とスーパーショットを放たれる。この試合でジョコビッチはウィナーを30本決めるも、ワウリンカには倍の60本を決められた。

第4セットの第10ゲーム、ジョコビッチはワウリンカのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップで、ブレークポイントを握るも活かせなかった。そして、最後はワウリンカの伝家の宝刀・バックハンドのダウンザラインでトドメを刺され、決勝戦に幕が下りた。

表彰式のスピーチで、ジョコビッチは「ここ(全仏オープン)に戻ってきて優勝するまで諦めない。」と、全仏制覇を宣言。

今大会ジョコビッチは、準々決勝で全仏過去9度制覇している第6シードR・ナダル(スペイン)にストレート勝ちをおさめて勢いに乗る。しかし、準決勝では2セットアップとリードするも、第3シードA・マレー(英国)の反撃にあい、さらに雷雨により2日間に及ぶ死闘を強いられていた。

もしジョコビッチが優勝していた場合、史上8人目となる生涯グランドスラム(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)達成者となっていた。現役選手で生涯グランドドスラムを達成しているのは、R・フェデラー(スイス)、ナダルの2人。

(コメントはWOWOWから抜粋) 

>>全仏オープンドロー表<<




■関連ニュース■ 

・ジョコがっかり、スタン称賛
・スタン「人生のベストマッチ」
・スタン「ジョコ苦しむだろう」


■最新ニュース■ 

・ナダル10年ぶり2桁台へ転落
・「信じられない」セリーナ
・錦織 ワウリンカに抜かれる
(2015年6月8日6時33分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!