- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スタン「人生のベストマッチ」

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は7日、男子シングルス決勝が行われ、第8シードS・ワウリンカ(スイス)が世界ランク1位で第1シードN・ジョコビッチ(セルビア)の全仏初優勝と生涯グランドスラム達成の夢を打ち砕いた。4-6, 6-4, 6-3, 6-4の逆転劇。この日、第1セットを落としたワウリンカだったが怯むことなく戦い続け、全仏初制覇を成し遂げた。

「この2週間は感動の連続だった。今日は人生のベストマッチ。ノヴァーク(ジョコビッチ)と決勝で戦うのは最大のチャレンジだった。ノヴァークもここで勝ってほしい。生涯グランドスラムを達成してほしい。あなたを尊敬している。」

2014年の全豪オープンでグランドスラム初のタイトルを獲得したワウリンカは、今回で四大大会2度目の栄冠を手にした。

ワウリンカが安定したテニスをするようになったのは、元世界ランク2位M・ノーマン(スウェーデン)(スウェーデン)がコーチについてからだった。そのノーマンは、2000年の全仏オープンで決勝進出するも、G・クエルテン(ブラジル)に敗れ準優勝に終わっていた。

「2度目のグランドスラム優勝は信じられない。ノーマン、あなたは2000年に優勝出来なかった。僕を通じての優勝は、どうですか?」と、ワウリンカは笑顔で話した。

ジョコビッチの全仏初制覇と生涯グランドスラム達成(全豪・全仏・全英・全米の四大大会全てで優勝)が期待される中、ワウリンカは決勝でスーパーショットを決めて会場を味方につけた。ウィナーの数はジョコビッチの2倍となる60本を記録。トータルポイントはジョコビッチの117に対し、ワウリンカは137と大差をつけた。

第1セットをジョコビッチに先取されるも、その後はミスを恐れず攻めきったワウリンカ。特に片手バックハンドのショットが面白いように決まり、ジョコビッチを圧倒した。

今回の優勝はスイス勢で2009年にタイトルを獲得したR・フェデラー(スイス)以来2人目の全仏オープン優勝。

2003年の全仏オープン・ジュニアで優勝していたワウリンカは、今大会準々決勝で第2シード フェデラーとのスイス勢対決をストレートで制し、準決勝で地元期待の第14シードJW・ツォンガ(フランス)に勝利して、決勝進出を決めていた。

さらに、大会後に発表される世界ランキングでは、錦織圭(日本)を抜いて4位へ浮上することが確定している。ワウリンカの自己最高位は、2014年1月に記録した3位。

(コメントはWOWOWから抜粋)

>>全仏オープンドロー表<<




■関連ニュース■ 

・ジョコがっかり、スタン称賛
・全仏初V目前のジョコ語る
・スタン「ジョコ苦しむだろう」


■最新ニュース■ 

・錦織 4位浮上はスタン次第
・クエルテン見守る中、初優勝
・「信じられない」セリーナ
(2015年6月8日2時15分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!