- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 複は「あるかもしれない」

3月6日から8日にかけて行われる男子国別対抗戦のデビスカップで、イギリスのエースとして地元のスコットランドへアメリカを招いて戦うA・マレー(英国)は、初日のシングルスでD・ヤング(アメリカ)と対戦する。マレーは2013年のウィンブルドン優勝後、初めて地元スコットランドで公式戦に臨む。

《マレー 出場は2試合のみ》

スコットランドはグラスゴーにあるエミレーツ・アリーナで行われるこの試合、アメリカ・チームのエースである世界ランク20位のJ・イズナー(アメリカ)J・ワード(英国)と初日の第2試合でシングルスを行う。

2日目の土曜日にはダブルスが行われ、アメリカからはダブルス世界ランク1位のB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組がマレーの実の兄のJ・マレー(英国)/ D・イングロット組と対戦する。

ダブルスの選手は変更される可能性もあり、シングルスに出場するアンディが兄と組んでマレー兄弟で登場する可能性もある。マレー兄弟とブライアン兄弟の対戦が実現すると、デビスカップ史上6度目となる兄弟ペア対決となる。

「土曜日のダブルスに出場する事はないと思うが、兄のプレーやドミニク(イングロット)のプレーを良く知っているから求められればあるかもしれない。2人とも今年は好調なスタートを切っている。」とマレーは木曜日に行われたドロー抽選会でコメントしていた。

日曜日にはリバース・シングルスが行われ、マレーはイズナーと、世界ランク47位のヤングはワードと対戦する。

去年の1回戦でも対戦した両国。その時はアメリカのサンディエゴで開催され、マレー率いるイギリスがアメリカを3勝1敗で下していた。

アメリカとイギリスは初めて対戦したのが1990年にまで遡り、デビスカップ史でも最も古いライバル関係にあると言える。両国の対戦成績は、アメリカが11勝8敗とリードしている。

今週末の対戦で勝った国は、準々決勝でフランスとドイツの勝者と対戦する。


■関連ニュース■ 

・マレー 地元でファン掴めるか
・ジョコビッチ「特別なライバル」
・フェデラー デ杯は「出場しない」


■最新ニュース■ 

・元1位リオスが異議申し立て
・錦織 カナダ戦単2試合出場
・デル=ポトロ 再手術から復帰


■最新動画■ 

・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月6日10時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!