- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー デ杯は「出場しない」

今週行われている男子テニスツアーのドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権男子(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、賞金総額2,503,810ドル、優勝賞金505,000ドル)に第2シードでエントリーしているR・フェデラー(スイス)は、男子国別対抗戦であるデビスカップへ今年は出場する意思がない事を明かした。昨年フェデラーはシーズンを通してデビスカップに出場し、祖国スイスを初優勝へと導いていた。

《デビスカップ優勝の記事はこちら》

昨年のデビスカップでは、決勝戦でフランスを3勝1敗で下す立役者となったフェデラー。史上最多となる17度のグランドスラム優勝を誇るフェデラーだったが、それまでデビスカップでの優勝は成し遂げていなかった。

3月6日から8日にかけて行われる今年のデビスカップ1回戦でフェデラーの祖国スイスは、2連覇を目指しベルギーと対戦する。その試合の布陣に入っていないフェデラーはその1回戦ばかりでなく、その後のデビスカップへも出場する気持ちがない事も加えていた。

「それほど難しい決断ではなかった。本当に正直に言うと、長い間テニスを続けて来た。そして去年の優勝で自分が望む事は何でも出来るんだとようやく思えるようになったんだ。」と33歳のフェデラーは、出場中の大会会場でのインタビューに答えた。

ベルギーとの1回戦へ臨むスイス・チームの布陣には、2014年の全豪オープン覇者であるS・ワウリンカ(スイス)の名前も入っていない。

フェデラーは1999年以来これまでデビスカップには26度出場し、50勝17敗の成績を残している。

「これまでのテニス人生を通して、デビスカップは大きな重荷であり、その他の多くの物より大きな問題となった事の1つだったと言わざるを得ない。」とフェデラーは、デビスカップへの思いを語り「テニス協会や国際テニス連盟から本当に大きな責任を他の誰より常に感じていた。だからやっと皆と一緒に優勝にたどり着けた事は本当に嬉しく思っている。」と続けていた。

2014年にシーズンを通してデビスカップに出場した事は、自分自身にとってと言うより一緒に戦ったチームメイトの為だとも語った。

「正直なところ、自分のためと言うよりはチームメイトのためにした事なんだ。M・ランマーやM・キウディネッリ(スイス)やスタン(ワウリンカ)達に優勝させたかったんだ。なぜなら、彼等はそれに値する選手だからさ。だから今年、自分は出場しないと言うのはすぐに決断出来たんだ。」

フェデラーは今年のデビスカップへの出場の意思がないと明言したものの、ワウリンカは1回戦後のデビスカップへの出場は決めかねていると言う。

フェデラーは「スタンは次の試合か9月の試合など、スイスがワールドグループにいられるようになるための試合には出場して欲しいと思っている。自分やスタンがいなくても勝てるかも知れないし、それは誰にも分からない事。もちろん、誰もベルギー戦でスイスが勝つとは思っていないのは明らかだけどね。」と、気持ちを述べていた。

しかしながら、フェデラーが2016年にブラジルはリオデジャネイロで行われるオリンピックにスイスを代表して出場するためには、今年と来年のうちに少なくとも1度はデビスカップに出場しなければならない。

国際テニス連盟が定めた決まりでは、オリンピックに出場するためには、その前年かオリンピックが開催される年に、デビスカップに祖国を代表して少なくとも1度は出場しなければならないとされている。

フェデラーはまた、オリンピックのテニス競技に主催者推薦を受ける可能性もあるとされている。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 

・フェデラー「彼の方が勝ってた」
・フェデラー「勝てないはずがない」
・フェデラー「最高の気分」


■最新ニュース■ 

・不調続く第5シード 初戦敗退
・フェデラー ユーズニーを一蹴
・錦織変わらず 西岡自己最高位


■最新動画■ 

・通算1000勝を達成したフェデラー特集
・ナダルやジョコビッチが沸かせた開幕戦
(2015年2月24日12時06分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月29日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (21時02分)

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!