- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「彼の方が勝ってた」

男子国別対抗戦デビスカップはスイスとフランスの間で争われる決勝戦(フランス/ リール、インドアクレー)が21日に初日を迎え、シングルス2試合が行われ、腰の怪我の不安を一蹴してスイスのエースとして出場したR・フェデラー(スイス)だったが万全の体勢で臨んで来たG・モンフィス(フランス)の前に1-6, 4-6, 3-6のストレートで敗れ、初日の対戦成績を1勝1敗で終えた。

モンフィスはこれまでクレーコートではフェデラーに対して4戦全敗だったが、この試合で初めて勝利を飾った。

先週の日曜日に行われたATPワールドツアー・ファイナルズの決勝戦を腰の怪我を理由に欠場したフェデラーは、この試合へ向けてはわずか2回の短い練習しかしておらず、この日は好調のモンフィスに、10本のサービスエース含む44本のウィナーを決められ5度のブレークを許し、2度握ったブレークポイントを1度も活かせずストレートで敗退した。

祖国スイス同様、初めてのデビスカップの優勝を狙うフェデラーは、先週は世界のトップ選手相手に圧巻のプレーを披露し次々となぎ倒していたが、チームメイトであるS・ワウリンカ(スイス)との壮絶な準決勝で腰を痛め、それからこの試合までは休養と治療を優先にして来ていた。フェデラーはこの日の敗因として、腰の痛みより先週のハードコートから今週のクレーコートへの対応と、不十分な練習の方が大きかったと語っていた。

「明らかにこの5日間、全くボールも打たずテニスもせず、動くこともしていなかった事を感じながらプレーをしていた。加えてガエル(モンフィス)は素晴らしいプレーをして来ていた。全くプレー出来なかったわけではない。それなりに試合は出来ていたけど、今日は最終的に彼の方が勝っていた。」と、フェデラー。

今はこのコートで自身のプレーを披露するには、もう少し時間が必要だと感じてはいるが、土曜日に行われるダブルスへの心構えも出来ていると言う。

「それがベストの選択であれば、ダブルスへの準備も出来ている。前にも言ったが、より良い結果を今週末は望んでいるんだ。試合ではほとんど痛みもなく終えることが出来た。それも良い事。疲れ切ってしまった5セットマッチだったわけではない。」と、連日の試合へ意欲を燃やしていた。

その試合の前に行われた第1試合では、ワウリンカがJW・ツォンガ(フランス)を6-1, 3-6, 6-3, 6-2で下し、スイスに1勝をもたらしていた。

モンフィスは最初に握ったマッチポイントをバックハンドのダウン・ザ・ラインで決め、2時間弱で勝利を手にした。そのモンフィスはこの試合で、全米オープンでのリベンジを狙っていた。その全米オープンの準々決勝では、セットカウント2ー1とリードし、2度のマッチポイントを握りながらも敗退していた。

「あの時の敗戦が、とても役に立った。」と語るモンフィス。「全米では自分のゲームプランを変えたんだ。そして勝利目前だった。試合のほとんどで主導権を握れていた。ただ、最後の最後でちょっとナーバスになってしまったんだ。今日も似たような展開だったけど、あの時よりは良いプレーが出来ていたし、違うゲームプランで臨んでいたんだ。より攻撃的なテニスを展開出来たと思う。」

土曜日に行われるダブルスにもしフェデラーが出場するなら、ワウリンカとのペアになる事が予想される。今季の全豪オープンを制したワウリンカは、この日のツォンガとの試合では、第2セットで集中力を失いツォンガに奪われはしたが、その後再びリズムを取り戻し攻撃的なテニスで勝利を飾った。

スイスはこの決勝戦で初めての優勝を狙うが、一方のフランスは10度目の優勝を目指す。両国のこれまでの対戦は10勝2敗とフランスがリードしている。


■関連記事■ 

・フェデラー モンフィスと対戦
・フェデラー ワウリンカと和解
・フェデラー デ杯欠場の可能性
・フェデラー 「リスクが高過ぎる」
・絶体絶命フェデラー 逆転勝利


■関連動画■ 

・トップ5入りを果たした錦織が今季飛躍を遂げた理由に迫る!
・ディミトロフが思い出の大会で連覇に挑む!
(2014年11月22日13時35分)
  • コメント -

    その他のニュース

    6月15日

    大東建託OP有明 、決勝カードが決定 (18時18分)

    ダブルス新ルール 改善し試験導入は継続 (16時44分)

    17歳新星にWC 芝ツアー初参戦 (15時53分)

    31本エース 逆転勝ちで芝4強へ (14時03分)

    デミノー、ラオニッチに快勝で4強 (12時56分)

    大坂なおみ 次戦は17日開幕の独大会 (11時42分)

    大坂撃破「本当に勝ちたかった」 (10時39分)

    世界15位ルーネ、ジャパンOP出場へ (9時34分)

    大坂なおみ 元世界4位に屈し4強ならず (2時59分)

    6月14日

    【1ポイント速報】大坂なおみvsアンドレースク (22時00分)

    ナダル 7月クレーに19年ぶり出場 (17時31分)

    ウィンブルドン賞金 10年で2倍に (16時24分)

    フェデラー 特別上映会に出席 (14時09分)

    世界400位が第1シード撃破の金星 (13時03分)

    ベレッティーニ8強 シャポ撃破 (12時14分)

    ラオニッチ 25本エースで8強 (11時26分)

    ナダル ウィンブルドンを欠場 (10時17分)

    6月13日

    コレあの素材で出来てます テニスクラファン実施中 (18時55分)

    錦織圭と大坂なおみ 五輪出場権獲得 (17時52分)

    西岡良仁 2年ぶりトップ100陥落 (17時07分)

    世界232位が元王者破る番狂わせ (15時58分)

    ナダルとフェデラーに共通する価値観 (14時47分)

    大坂と自身「似たようなキャリア」 (13時36分)

    ナダルとアルカラス 五輪で複出場 (10時34分)

    女王 ぶっつけ本番でウィンブルドンへ (9時09分)

    大坂なおみ 芝のプレーに「自信」 (8時24分)

    大坂なおみ 54分完勝で芝6年ぶり8強 (0時13分)

    6月12日

    【1ポイント速報】大坂なおみ リベマOP2回戦 (23時11分)

    得意の芝で元世界6位が復帰 (16時18分)

    元世界3位ラオニッチ 復帰戦の芝で快勝 (14時28分)

    ズベレフ 疲労の蓄積で母国大会欠場 (12時39分)

    柴原瑛菜 ラドゥカヌに屈し初戦敗退 (12時16分)

    マレー 今季芝初戦で黒星 (11時37分)

    島袋 ノリーにフルセットで敗れる (10時59分)

    【動画】大坂なおみ撃破の瞬間!アンドレースクが熱戦制し4強 (0時00分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る
    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!