- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー ユーズニーを一蹴

男子テニスツアーのドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権男子(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、賞金総額2,503,810ドル、優勝賞金505,000ドル)は23日、シングルス1回戦が行われ、同大会6度の優勝を誇る第2シードのR・フェデラー(スイス)が元世界ランク8位のM・ユーズニー(ロシア)を6-3, 6-1のストレートで快勝し、大会7度目の優勝へ向け好スタートを切った。

両者は今回が16度目の対戦となり、フェデラーはユーズニーとの対戦成績を16勝0敗とした。

この試合、フェデラーはファーストサービスが入った時に83パーセントと高い確率でポイントを獲得、ユーズニーに1度もブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開した。さらに、第1・第2セットと共に2度ずつブレークに成功した。

フェデラーはバックハンドのウィナーとネットプレーでユーズニーを圧倒、最後はセンターにサービスエースを決め、試合時間56分と完勝で2回戦進出を決めた。

2回戦でフェデラーは、F・ベルダスコ(スペイン)G・ガルシア=ロペス(スペイン)の勝者と対戦する。

過去同大会でフェデラーは、2003・2004・2005・2007・2012・2014年と6度の優勝を誇っており、昨年は準決勝でN・ジョコビッチ(セルビア)、決勝ではT・ベルディヒ(チェコ共和国)を共に逆転で下してタイトル獲得を果たした。

《フェデラー優勝の記事はこちら》

先日行われた全豪オープンでは、3回戦でA・セッピ(イタリア)に敗れて4回戦進出を前に姿を消した。その後は大会に出場しておらず、今回は全豪オープン3回戦以来の試合となる。

今回は大会7度目のタイトル獲得と今季2勝目を狙う。

一方、敗れたユーズニーは、過去同大会で2007年と2010年に決勝進出を果たすも、2007年は決勝でフェデラーに、2010年はジョコビッチに敗れて準優勝となっていた。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 

・波乱のフェデラー「ショック」
・フェデラー1000勝「特別な瞬間」
・世界2位フェデラーが今季初V


■最新ニュース■ 

・昨年初Vの奈良がランクダウン
・連覇逃したナダル TOP3陥落
・錦織変わらず 西岡自己最高位


■最新動画■ 

・通算1000勝を達成したフェデラー特集
・ナダルやジョコビッチが沸かせた開幕戦
(2015年2月24日11時04分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!