- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

<コメント追加>マレー 今季初、15ヶ月ぶり優勝

男子テニスツアーのシンセン・オープン(中国/シンセン、ハード)は28日、シングルス決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)T・ロブレド(スペイン)を5-7, 7-6 (11-9), 6-1の逆転で下し、今季初優勝、昨年のウィンブルドン以来15ヶ月ぶりの優勝を果たした。

この試合、マレーは5度のダブルフォルトを犯すも10度のサービスエースを決め、ファーストサービスが入った時73パーセントの確率でポイントを獲得し、ロブレドから5度のブレークに成功し2時間30分で勝利した。

マレーは「第2セット終盤で運が味方した。一生懸命戦って、ベストを尽くしたことで勝利することが出来ました。」とコメントしており、第2セットのタイブレーク、2-6の場面から逆転し、5度のマッチポイントをしのいで勝利した。

「私はできるだけ多くのボールを返そうとした」とマレーは試合についてコメントし、「タイブレークでもったいないミスから4ポイント落とし、絶望的だったが、巻き返しができてよかった。こういう時は少しでも運が必要だよね」と試合を振り返った。

敗れたロブレドは21度目の決勝となり、2013年の7月のクロアチア・オープンでの優勝以降の初決勝だった。

「(敗北を)受け入れるのが困難だ。しかし、アンディ(マレー)は凄かった。彼は最後まで攻撃し続けたし、このタイトルにふさわしいと思う」とロブレドはコメントしている。

マレーはATPワールドツアー・ファイナル出場のために今大会、主催者推薦として出場し、優勝した事により11位から10位に上がり、8位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)との差は105ポイントに縮まった。

マレーは29日から行われるチャイナ・オープン男子に第6シードとして出場し、1回戦でJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)と対戦する。


■関連記事■ 
・錦織 今季3度目、通算6度目の優勝
・【映像】マッケンロー マレーを語る
・モレスモ「人生を変える挑戦」
・ナダル「100%とは言えない」
・西岡 良仁が決勝 金獲得なるか


■関連動画■ 
・錦織 圭vsガスケ【シティ・オープン男子準々決勝】
・錦織 圭vsクエリー【シティ・オープン男子2回戦】
(2014年9月28日22時52分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!