- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 今季3度目、通算6度目の優勝

男子テニスツアーのマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード)は28日、シングルス決勝が行われ、第1シードの錦織圭(日本)が第4シードのJ・ベネトー(フランス)を7-6 (7-4), 6-4のストレートで下し、大会初優勝を果たした。

この試合、錦織はファーストサービスが入った時80パーセントと高い確率でポイントを獲得し、ベネトーから2度のブレークに成功し1時間47分で勝利した。

錦織は第1セット、第3ゲームで1度のチャンスから先にブレークを許すと第6ゲームは10分を超えるゲームでブレークが出来ず、第8ゲームではチャンレンジに成功しブレークチャンスを掴むもブレーク出来ず、このゲーム4度のブレークチャンスを活かすことが出来ず、ベネトーがサービスキープに成功する。

第9ゲーム以降の錦織のサービスゲームは安定したゲームを展開し、第10ゲームで10度目のブレークチャンスにしてようやくブレークバックに成功し追いつく。

タイブレークに突入すると錦織が3ポイント目と7ポイント目、11ポイント目でミニブレークに成功し、1時間9分で第1セットを先取した。

第2セットも先にチャンスが訪れたのはベネトーで、錦織は第4ゲーム15-40の場面から4ポイント連取しここをしのぐ。

錦織は第7ゲーム、ラブゲームでブレークに成功しリードすると、その後のサービスゲームで錦織は1ポイントしか与えずサービスキープに成功し、勝利した。

第2セットに入るとベネトーは第1セットに比べ、ベースラインよりも後ろでボールを打つようになり、序盤に見られた積極的なプレーが少なくなっていた。サービスも第1セットは6度のサービスエースを良いところで決められたが、第2セットでは3本と減っていた。

両者は4度の対戦となり、錦織はベネトーに3勝1敗とした。

錦織は2月に行われたアメリカ国際インドアテニス選手権、4月に行われたバルセロナ・オープン・サバデル、マレーシア・オープンと今季3度目の優勝、キャリア6度目の優勝を果たした。

錦織は全米オープンで準優勝を果たし、その後初の大会出場となる今大会で優勝を果たし、アジアシーズン、29日から開催される楽天ジャパン・オープン、そしてATPワールドツアー・ファイナルに向けて良いスタートを切った。


■関連記事■ 
・錦織「出来ればあと1勝」
・錦織 大会初の決勝進出
・錦織 完勝で準決勝進出
・錦織 実力差見せつけ圧倒
・西岡 良仁が決勝 金獲得なるか


■関連動画■ 
・錦織 圭vsガスケ【シティ・オープン男子準々決勝】
・錦織 圭vsクエリー【シティ・オープン男子2回戦】
(2014年9月28日20時29分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!