- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 大会初の決勝進出

男子テニスツアーのマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード)は27日、シングルス準決勝が行われ、今年の全米オープンでアジア勢男子初のグランドスラム準優勝を飾った第1シードの錦織圭(日本)J・ニエミネン(フィンランド)を6-3, 4-6, 6-2のフルセットで下し、大会初の決勝進出を決めた。

両者は今回が初めての対戦となり、錦織はニエミネンとの対戦成績を1勝0敗とした。

勝利した錦織は今季3勝目をかけて、決勝で第4シードのJ・ベネトー(フランス)と対戦する。

錦織は、同大会2011年と2012年にベスト4入りしたのが同大会での最高成績となっており、2011年はJ・ティプサレビッチ(セルビア)に、2012年はJ・モナコ(アルゼンチン)に敗れて決勝進出を逃した。

今大会で錦織は、上位シードのため1回戦免除となり、2回戦からの登場。2回戦でR・ラム(アメリカ)を、準々決勝ではM・マトセビッチ(オーストラリア)を下しての勝ち上がりとなり、大会初の決勝進出と今季3勝目に王手をかけた。

世界ランク8位の錦織は、先日行われた全米オープン4回戦でM・ラオニチ(カナダ)、準々決勝でS・ワウリンカ(スイス)、準決勝では王者N・ジョコビッチ(セルビア)を下す活躍を見せた。決勝ではM・チリッチ(クロアチア)に敗れるも、アジア勢男子初のグランドスラム準優勝を果たした。

《全米オープンの記事はこちら》

一方、敗れたニエミネンは、今大会1回戦で予選勝ち上がりのP・オズワード(オーストリア)、2回戦で第3シードのL・マイェール(アルゼンチン)、準々決勝で第7シードのP・アンドゥハル(スペイン)を下して錦織との準決勝に駒を進めたが、敗れて決勝進出とはならなかった。


■関連記事■ 

・錦織 完勝で準決勝進出
・錦織 楽天OP初戦は世界64位
・錦織 実力差見せつけ圧倒
・楽天OP ヒューイット欠場
・添田 錦織と対戦叶わず


■関連動画■ 

・錦織圭vsガスケ【シティ・オープン男子】
・錦織圭vsクエリー【シティ・オープン男子】
(2014年9月27日19時19分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!