- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全英覇者マレー「プロ意識に欠けている」

テニスのグランドスラムであるウィンブルドンで、77年ぶりのイギリス人チャンピオンとなったA・マレー(英国)が、ドーピング違反から出場停止処分を下されたV・トロイキ(セルビア)M・チリッチ(クロアチア)に対して、プロ意識に欠けると厳しい見解を示した。

トロイキはドーピング検査を受ける際、体調不良から血液サンプルの提出を翌日へと延期してもらったが、その行為がドーピング・ルールに違反しているとして、18カ月の出場停止処分を下され、今週それが12カ月へと減刑されていた。

トロイキは検査当日、体調が悪かった事を検査官へ伝えると、レポートを提出すれば翌日へ延期出来るとの説明を受けそれに従っただけと無実を主張していた。翌日に提出された血液サンプルからは、禁止薬物などの反応は出ていなかった。

一方、チリッチは実の母親がフランスの薬局で購入したサプリメントを服用。そのサプリメントには禁止薬物が入っていたが、フランス語が読めなかったチリッチはそれを知らずに摂取してしまったと主張した事が受け入れられ、9カ月の出場停止処分が4カ月へと減刑されていた。

しかしマレーは、例えどんな状況であれ、定められたドーピング・ルールを守る事がプロとしての正しい姿勢であると持論を語った。

「どちらの選手も、わざとやったかそうではないかは関係ない。それはわからない事だし、そんな事をする選手だとも思わないが、いずれの選手もプロ意識に欠けていると思う。個人としては、他の国へ行ってその地にある薬局でサプリメントなどは買わない。その行為自体がプロとしてそぐわない。」

「10年や15年前にここまでドーピング違反が厳しくなかった時代には、その辺の薬局で薬を買って飲んでいたかもしれない。でも、今はそんな事はしてはいけないし、それを受け入れてはいけない。」とマレーは、チリッチのケースについて述べていた。

「トロイキの場合、部屋の中でどんな会話がなされたかはわからないが、現実問題としてそこにはドーピング・ルールが存在し、それに従わなければならない。検査を今やると言われたら、選手はただそれに従うのみ。」と、トロイキの主張に対しての意見を語った。

「ドーピング検査が正しい方向へ向かっている事に喜びを感じる。検査も多くなっているし、血液検査も以前より多くなっている。その事に対しては、全くもって例外を許すべきではない。」

「もしそうしなかったら、何とか逃れられると考えてしまう人がいるかもしれない。」と、現行のドーピング検査へ肯定的な意見を持っている事を明かした。

数日前、17度のグランドスラム優勝を誇るR・フェデラー(スイス)は、より多くのドーピング検査が必要だとする意見を明かしていた。

「十分な検査回数を受けていないような気がする。バーゼル大会でも、パリのマスターズ1000大会でも検査はされなかった。今週の最終戦の初戦の直後にやっと検査があった。」

「以前はもっと多かったと思う。2003・2004年の頃は、年間に25回位検査させられたと記憶している。それに比べたら今年はかなり減ったような気がする。」と、更なる検査を求めていた。

テニスというスポーツをクリーンなものにするために行われているドーピング検査。抜き打ちで行われるため、選手はどこにいるかを明確にする事も義務付けられている。

今回の処分には色々な意見や見解が語られているが、マレーは現行のドーピング・ルールには、どんな事があっても選手は従うべきだという強い意思を持っている。


■関連記事■

《ジョコビッチ「担当者は嘘をついている」》

《元世界9位「ドーピング選手扱いされ、嘘つき呼ばわりもされた」<BNPパリバ・マスターズ>》

《元世界12位トロイキがドーピング規定違反》

《ジョコビッチ「トロイキは間違いなく無実」》

《反論のチリッチ「故意に禁止薬物を摂取した事は1度もない」》


■関連動画■

《「ベビー・フェデラー」と呼ばれる22歳ディミトロフが念願の初優勝!ATP男子ツアーマガジン Vol.194》

《フェデラーが不調に陥った原因を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.193》

《トップ10入り目指す錦織特集!世界が驚く活躍に迫る!ATP男子ツアーマガジン Vol.192》

《ジョコビッチが史上9人目の偉業を達成!ATP男子ツアーマガジン Vol.190》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年11月11日21時23分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月17日

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

【告知】杉田vsトラヴァグリア (19時00分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

10月14日

フェデラー、イズナーに勝利 (20時48分)

錦織とフェデラーが登場 (16時56分)

錦織 世界ランク9位へ後退 (15時00分)

スイトリナ 最終戦出場が確定 (14時50分)

マレー ヨーロピアンOP出場へ (14時26分)

杉田 ストックホルム本戦王手 (12時51分)

ズベレフ「彼は今、世界最高」 (10時54分)

大坂3位 10/14付の世界ランク (8時55分)

ガウフ初V「信じられない」 (7時23分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!