- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ラドワンスカが2時間45分で逆転優勝、東レPPOへ弾み<KDB韓国オープン>

女子テニスツアーのKDB韓国オープン(韓国/ソウル、ハード)は22日、シングルス決勝が行われ、第1シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)が第3シードのA・パブリュチェンコワ(ロシア)を6-7 (6-8), 6-3, 6-4の逆転で下し、キャリア通算13度目のタイトルを獲得すると同時に、現在開催中の東レ・パンパシフィック・オープンへ弾みをつけた。

決勝戦、世界ランク4位のラドワンスカは第1セットを落とすも、10本のダブルフォルトを犯すパブリュチェンコワの隙をつき22度のブレークチャンスから6度のブレークに成功し、2時間45分で逆転勝利を収めた。

ラドワンスカは、東レ・パンパシフィック・オープンに第2シードでエントリーしており、2回戦から登場する。初戦となる2回戦でF・スキアボーネ(イタリア)A・ウズニアッキ(カナダ)の勝者と対戦する。

24歳のラドワンスカは2011年の東レ・パンパシフィック・オープンで優勝を飾っており、2012年は2年連続で決勝進出を果たすもN・ペトロワ(ロシア)に敗れ準優勝に終わった。

また、今大会にはクルム伊達公子(日本)も出場し、2回戦で第2シードの格上M・キリレンコ(ロシア)に快勝するなどでベスト8へ駒を進めてた。


■関連記事■

《ヌード問題で話題のラドワンスカ》

《クルム伊達は元世界4位に逆転許す、あと一歩及ばず<KDB韓国オープン>》

《クルム伊達が第2シード破る金星、元世界4位との準々決勝へ<KDB韓国オープン>》

《奈良、世界40位の勢い止められず<東レPPO>》

《第1シードのアザレンカ「私は日本が大好き」<東レPPO>》

《本戦入り決めた尾崎「今回も自信はあった」<東レPPO>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月22日16時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!