- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、ベスト8進出と世界トップ10入り逃す<ロジャーズ・カップ男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるロジャーズ・カップ男子(カナダ/モントリオール、ハード)は8日、男子シングルス3回戦が行われ、第9シードの錦織圭(日本)は第7シードのR・ガスケ(フランス)に6-1, 3-6, 3-6の逆転で敗れ、ベスト8進出とはならなかった。世界ランク11位の錦織は、今大会の結果次第で世界トップ10入りの可能性があったが、次回へ持ち越しとなった。

もし錦織がガスケに勝利していた場合、昨年のロジャーズ・カップ男子で準優勝のガスケがポイントを多く失うため、錦織の世界トップ10入りのチャンスがあった。

以前、錦織は世界トップ10入りについて「今週と来週のマスターズ大会は、とても大切。ハードコートが好きだし、昨年の今の時期にあまりポイントを稼いでいないから、少しでも良い結果を出して、ポイントを稼ぎたい。」と、語っていた。

3回戦、第1セットで錦織はファーストサーブが入った時に80パーセントの高い確率でポイントを獲得、さらにガスケのサービスゲームを3度のブレークして、このセットを先取する。

しかし、第2セットに入ると世界トップ10の力を発揮したガスケに、錦織は2度のブレークを許し、セットカウント1−1としてしまい、第3セットへ突入する。

勝敗がかかる第3セット、錦織は自身のサービスゲームを序盤でガスケにブレークされる。そして、最後は錦織のリターンがアウトし、1時間56分で3回戦敗退となった。

両者は今回が3度目の対戦となり、錦織はガスケに対し3連敗となった。

今大会で錦織は、1回戦で予選から勝ち上がった世界ランク256位のP・ポランスキー(カナダ)、2回戦ではA・セッピ(イタリア)にそれぞれ逆転で勝利し、大会初の3回戦進出を決めていた。

今年、23歳の錦織はアメリカ国際インドアテニス選手権でタイトルを獲得しており、これまでツアー3大会でタイトルを獲得している。

さらに、ムチュア・マドリッド・オープン男子では、元世界ランク1位でグランドスラム最多17度のタイトルを獲得しているR・フェデラー(スイス)を下す大金星をあげた。また、全仏オープンではR・ナダル(スペイン)に敗れるも、日本男子として1938年の中野文照以来75年ぶりの4回戦進出を果たした。

一方、錦織に勝利した27歳のガスケは、今季2度のツアー優勝を飾っており、キャリア通算では9度タイトルを獲得、さらに昨年のロジャーズ・カップ男子で準優勝を飾っている。

ガスケは準々決勝で、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)D・イストミン(ウズベキスタン)の勝者と対戦する。

ロジャーズ・カップ男子で2連覇中のジョコビッチは、大会史上2人目となる大会3連覇を狙っている。唯一3連覇を達成したのは、1987年から1989年までのI・レンドル(アメリカ)である。

【錦織圭 ロジャーズ・カップ男子戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 P・ポランスキー 4-6, 6-4, 6-2
・2回戦 勝利 A・セッピ 4-6, 7-5, 6-1
・3回戦 敗退 R・ガスケ 6-1, 3-6, 3-6

<2012年>
・1回戦 BYE
・2回戦 敗退 S・クエリー(アメリカ) 2-6, 3-6

<2007年>
・予選1回戦 敗退 T・ガバシュビリ(ロシア) 4-6, 2-6

《ロジャーズ・カップ男子 対戦表》

《錦織圭特集「Project10」》


■関連記事■

《世界11位の錦織がトップ10入りに意欲「ポイントを稼ぎたい」<ロジャーズ・カップ男子>》

《大会初16強入りの錦織「ねじ伏せられた」<ロジャーズ・カップ男子>》

《トップ10へ前進の錦織、リベンジ果たし「嬉しい」<ロジャーズ・カップ男子>》

《苦戦強いられた錦織、2回戦はウィンブルドンのリベンジなるか<ロジャーズ・カップ男子>》

《ナダルとジョコビッチに不仲説》


■関連動画■

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

《77年ぶり地元優勝を果たした歓喜のマレーを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.180》

《歴史に残るウィンブルドン決勝を振り返る!!ATP男子ツアーマガジン Vol.179》

《フェデラーが語った、ウィンブルドンで学んだこと!ATP男子ツアーマガジンVol.177》
(2013年8月9日11時20分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

2月18日

16歳新星、深夜3時の激闘制す (18時56分)

クレーで初のチャレンジ導入 (16時55分)

ガスケ撃破 21歳が熱戦制す (16時46分)

韓国クォン 逆転で初戦突破 (16時00分)

ナカシマ、ツアー本戦初勝利 (15時09分)

主審に激怒、荒れた試合展開に (12時26分)

二宮組 ハレプ組破り初戦突破 (11時45分)

元世界1位 現役復帰戦は黒星 (11時40分)

錦織30位 綿貫ジャンプアップ (11時02分)

西岡良仁 3年ぶりに初戦突破 (10時05分)

【1ポイント速報】西岡vsミルマン (8時10分)

内山 デルレイビーチ初戦敗退 (8時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!