- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ダブルヘッダー強いられた錦織、3回戦で姿消す<シティ・オープン男子>

男子テニスツアーのシティ・オープン男子(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は1日、第2シードの錦織圭(日本)はシングルス2・3回戦のダブルヘッダーを強いられた。2回戦で錦織はJ・ソック(アメリカ)を7-5, 6-2のストレートで下したものの、3回戦では第16シードのM・バグダティス(キプロス)に1-6, 2-6で敗れ、上位進出とはならなかった。

前日のナイトマッチに予定されていた錦織とソックの2回戦は、雨により試合を開始する事なくこの日へ順延となっていた。

2回戦、錦織は第1セットで8本のサービスエースを叩き込んできたソックに苦戦を強いられながらも、終盤で3度目のブレークに成功し、このセットを先取する。第2セットは2度ソックに握られたブレークピンチを切り抜けると、ソックのサービスゲームを2度破り、1時間44分で勝利をものにした。

その後行われた3回戦では、バグダティスに5度のブレークを許した錦織は、わずか58分の完敗で大会から姿を消す結果となった。

28歳のバグダティスは、2006年の全豪オープンでノーシードから決勝まで勝ち進む快進撃を見せた。決勝ではR・フェデラー(スイス)に敗れるも、第1セットを取るなどで観客を大いに沸かせ、準優勝を飾った。

また、昨年のロンドンオリンピックでは金メダルを獲得したA・マレー(英国)から唯一セットを取ったのはバグダティスだった。

一方、今年錦織はアメリカ国際インドアテニス選手権で自身3度目となるタイトルを獲得。さらに、全仏オープン後に発表された世界ランキングで、自己最高となる11位を記録するなどの活躍をみせている。

グランドスラムでは、全豪オープンで2年連続のベスト16進出を果たすも、4回戦でD・フェレール(スペイン)に敗れた。全仏オープンでは大会初の16強入りを果たすも、4回戦で前人未到9度目の優勝を飾ったR・ナダル(スペイン)に完敗。ウィンブルドンは、3回戦でA・セッピ(イタリア)にフルセットで敗れ、2連続でベスト16入りを逃した。

錦織に勝利したバグダティスは、準々決勝で第8シードで208cmの長身J・アイズナー(アメリカ)と対戦する。アイズナーは、3回戦で予選から勝ち上がったS・デウバーマン(インド)をストレートで下している。

今季アイズナーは、米男子クレーコート選手権と先週行われたアトランタ・オープンで優勝を飾っており、その2大会を含めキャリア通算7度タイトルを獲得している。

この日行なわれた試合結果は以下の通り。

【3回戦】
K・アンダーソン(南アフリカ)(7) vs. ●M・フィッシュ(アメリカ), 7-6 (7-2), 6-1
M・ラオニチ(カナダ)(4) vs. ○M・マトセビッチ(オーストラリア), 5-7, 6-7
D・ツルスノフ(ロシア) vs. ●R・シュティエパネック(チェコ共和国), 4-6, 6-4, 7-5
●錦織圭(2) vs. ○M・バグダティス(16), 1-6, 2-6
○J・アイズナー(8) vs. ●S・デウバーマン, 7-5, 7-5
S・クエリー(アメリカ)(6) vs. ○G・ディミトロフ(ブルガリア)(11), 3-6, 2-6
J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)(1) vs. ●B・トミック(オーストラリア)(14), 6-3, 6-3
T・ハース(ドイツ)(3) vs. ●I・ドディグ(クロアチア)(13), 6-4, 4-6, 7-5

【2回戦】
○K・アンダーソン(7) vs. ●J・ダックワース(オーストラリア), 6-3, 3-6, 6-4
○J・M・デル=ポトロ(1) vs. ●R・ハリソン(アメリカ), 6-1, 7-5
○錦織圭(2) vs. ●J・ソック, 7-5, 6-2
○T・ハース(3) vs. ●T・スミチェク(アメリカ), 3-6, 7-5, 6-3

【錦織圭 vs マルコス・バグダティス 過去の対戦成績】

<2013年>
シティ・オープン男子3回戦 M・バグダティス 錦織圭


<2012年>
・楽天ジャパン・オープン準決勝 錦織圭 6-2, 6-2 M・バグダティス
・ブリスベン国際男子2回戦 M・バグダティス 6-3, 6-4 錦織圭

<2010年>
マレーシア・オープン1回戦 M・バグダティス 6-1, 6-1 錦織圭

<2009年>
アメリカ国際インドアテニス選手権1回戦 M・バグダティス 7-5, 6-3 錦織圭


【錦織圭 シティ・オープン男子戦歴】

<2010年>
・予選1回戦 勝利 A・オレ(アメリカ) 6-3, 6-1
・予選2回戦 勝利 K・アンダーソン 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・1回戦 敗退 I・クニツィン(ロシア) 2-6, 3-6

<2007年>
・1回戦 勝利 T・ガバシュビリ(ロシア) 7-6 (7-4), 6-3
・2回戦 敗退 J・ベネトー(フランス) 2-6, 3-6


《シティ・オープン男子 対戦表》

《錦織圭特集「Project10」》


■関連記事■

《錦織、3回戦は負け越している元世界8位<シティ・オープン男子>》

《世界のCNNが錦織圭を独占インタビュー、次なる野望とは》

《錦織が第1シードらと練習、4カ月ぶりハードコート戦に向けて<シティ・オープン男子>》

《【コラム】「トップ10入り」に向け、錦織圭がハードコートシーズンへ》

《自己最高タイの錦織「やっと良くなってきました」<世界ランキング>》

《錦織「無理せず」、ハードコートに向けて調整》

(2013年8月2日14時42分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月5日

ナダルとティームの関係を特集 (19時00分)

ジョコ 動画でサクランボ狩り (17時39分)

ツアー再開へ「準備するだけ」 (15時58分)

「歴代史上最強プレーヤーは、、、?(女子編)」 (12時47分)

【錦織特集4】マレーと対戦、全仏2017 (11時26分)

イバノビッチのGS初制覇を特集 (9時24分)

昨季の大ブレイクに注目 (7時47分)

6月4日

【名勝負特集】フェデラーvsデルポ、全仏2009 (21時53分)

16歳ガウフ 差別撤廃へ演説 (20時13分)

ナダルのゲーム獲得率を分析 (18時17分)

生涯GS「自身への証明」 (14時55分)

【錦織特集3】ティームとの全仏2018 (12時19分)

圧巻 34本のウィナー動画を掲載 (11時07分)

全仏大躍進は「人生変わった」 (9時00分)

世界3位語る試合時のメンタル (7時38分)

6月3日

【名勝負特集】ジョコvsマレー 全仏2016 (17時43分)

ナダル 34歳の誕生日迎える (16時02分)

【錦織特集2】絶体絶命から勝利 全仏2019 (12時00分)

ナダル元コーチ、トニー語る (11時19分)

6月2日

【名勝負特集】ナダルvsフェデラー 全仏2005 (20時57分)

キリオスとの友情明かす (20時35分)

【錦織特集1】ナダルとの全仏2019 (18時17分)

錦織コーチの王者撃破に注目 (15時40分)

「失望と怒り」USTAが声明 (11時54分)

車いす選手へ資金援助を発表 (11時06分)

ナダル 全仏5つのハイライト (8時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!