- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者ジョコビッチが快挙達成のマレーを称賛「優勝者に相応しい」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は7日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は第2シードのA・マレー(英国)に4-6, 5-7, 4-6のストレートで敗れ、2011年以来2度目のタイトル獲得とはならなかった。世界ランク1位のジョコビッチは、これまでのグランドスラムで6度の優勝を飾っており、キャリア通算37大会でタイトルを獲得している。

この試合、1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりの地元優勝がかかるマレーへの応援が多い中、ジョコビッチはアウェーの中で戦った。

しかし、マレーの約2倍となる40本の凡ミスを犯してしまったジョコビッチは、自身のサービスゲームでマレーに7度のブレークを許してしまい、3時間9分で敗れた。

第3セット、マレーのサービング・フォー・ザ・チャンピオンシップのゲームで、ジョコビッチは40−0からデュースに戻す粘りをみせるも、マレーの勢いを止める事が出来ず、最後ジョコビッチがバックハンドをネットにかけてしまいゲームセットとなった。

「アンディ(マレー)、おめでとう。優勝者に相応しいプレーだった。そして、アンディの陣営の皆さんもおめでとう。」

「彼(マレー)のプレッシャーの凄さを、僕は理解出来る。皆に期待されて、アンディは大変だったと思う。僕も全力を尽くした。この決勝に出る事が出来て、本当に良かった。」

両者は今回で19度目の対戦となり、ジョコビッチはマレーとの対戦成績を11勝8敗と差を縮められた。

2011年のウィンブルドンで初優勝を飾ったジョコビッチは、その後に発表された世界ランキングで1位の座を手にした。しかし、翌年の同大会では準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れ2連覇を逃すと同時に、王者の座をフェデラーに譲ってしまった。

今年ジョコビッチは、全豪オープンでオープン化以降初となる3連覇達成と大会4度目の優勝を飾った。その後、全仏オープンでベスト4進出を果たすも、準決勝でR・ナダル(スペイン)に激闘の末に敗れ、キャリア・グランドスラム達成とはならなかった。

今年のウィンブルドンで、ジョコビッチは1セットも落とさずにベスト4へ駒を進めた。準決勝では第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に4時間43分の大激闘を強いらるも、7-5, 4-6, 7-6 (7-2), 6-7 (6-8), 6-3で振り切り、マレーとの決勝へ駒を進めていた。

一方、マレーはジョコビッチに勝利した事により、グランドスラムで2度目のタイトルを獲得すると同時に、1936年のフレッド・ペリー以来77年ぶりとなる悲願の地元優勝を果たす快挙を達成した。

【マレー vs ジョコビッチ 過去の対戦成績】

<2013年>
・ウィンブルドン決勝 マレー 6-4, 7-5, 6-4 ジョコビッチ

・全豪オープン決勝 ジョコビッチ 6-7 (2-7), 7-6 (7-3), 6-3, 6-2 マレー

<2012年>
・ATPワールド・ツアー・ファイナル ジョコビッチ 4-6, 6-3, 7-5 マレー

・上海マスターズ決勝 ジョコビッチ 5-7, 7-6 (13-11), 6-3 マレー

・全米オープン決勝 マレー 7-6 (12-10), 7-5, 2-6, 3-6, 6-2 ジョコビッチ

・ロンドンオリンピック準決勝 マレー 7-5, 7-5 ジョコビッチ

・ソニー・オープン男子決勝 ジョコビッチ 6-1, 7-6 (7-4) マレー

・ドバイ・デューティ・フリーテニス選手権準決勝 マレー 6-2, 7-5 ジョコビッチ

・全豪オープン準決勝 ジョコビッチ 6-3, 3-6, 6-7 (4-7), 6-1, 7-5 マレー

<2011年>
・シンシナティ・マスターズ決勝 マレー 6-4, 3-0 (途中棄権) ジョコビッチ

・BNLイタリア国際男子準決勝 ジョコビッチ 6-1, 3-6, 7-6 (7-2) マレー

・全豪オープン決勝 ジョコビッチ 6-4, 6-2, 6-3 マレー

<2009年>
・ソニー・オープン男子決勝 マレー 6-2, 7-5 ジョコビッチ

<2008年>
・シンシナティ・マスターズ決勝 マレー 7-6 (7-4), 7-6 (7-5) ジョコビッチ

・ロジャーズ・マスターズ決勝 マレー 6-3, 7-6 (7-3) ジョコビッチ

・モンテカルロ・マスターズ3回戦 ジョコビッチ 6-0, 6-4 マレー

<2007年>
・ソニー・オープン男子準決勝 ジョコビッチ 6-1, 6-0 マレー

・BNPパリバ・オープン男子準決勝 ジョコビッチ 6-2, 6-3 マレー

・マドリッド・マスターズ3回戦 ジョコビッチ 1-6, 7-5, 6-3 マレー


《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《マレー、77年ぶりの快挙達成して「何が起きたか覚えてない」<ウィンブルドン>》

《77年ぶりの地元優勝へあと1勝のマレー、残すは王者戦<ウィンブルドン>》

《4時間43分の大激闘、ジョコビッチが王者の底力発揮<ウィンブルドン>》

《「信じられないような試合」で王者に敗れたデル=ポトロ「やっぱり悲しい」<ウィンブルドン>》

《元世界7位に追い込まれたマレー、全英で2度目の大逆転<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《復活の添田「格別に気持ち良い瞬間でした」<ウィンブルドン>》



■関連動画■

《フェデラーが芝のコートで躍動!ATP男子ツアーマガジンVol.176》

《芝のシーズンが開幕!好スタートを切ったのはどの選手だ!?ATP男子ツアーマガジン Vol.176》
(2013年7月8日4時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月15日

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

【速1ポイント報】フェデラーvsジョコビッチ (23時04分)

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!