- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

4時間43分の大激闘、ジョコビッチが王者の底力発揮<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は5日、男子シングルス準決勝が行われ、第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を7-5, 4-6, 7-6 (7-2), 6-7 (6-8), 6-3の大激闘の末に下し、4時間43分で2年ぶり2度目の決勝進出を決めた。

この試合、ジョコビッチは22本のサービスエースと80本のウィナーを放った。さらに、ファーストサーブが入った時に83パーセントの高い確率でポイントを獲得したジョコビッチはデル=ポトロに2度のブレークを許すも、それを上回る3度のブレークに成功し、大熱戦に終止符を打った。

ジョコビッチは第4セットのタイブレークで2本のマッチポイントを握るも、デル=ポトロの強打に押されてしまい、第5セットへ突入した。

第5セットは緊張感のあるサービスキープが続くも、ジョコビッチは第8ゲームでブレークに成功し、第9ゲームのサービング・フォー・ザ・マッチでは最後バックハンドのウィナーを決めてゲームセットとなった。

12度目の対戦となったジョコビッチとデル=ポトロは、今回の対戦によりジョコビッチが9勝3敗とリードを広げた。

ウィンブルドンと同じ会場で行われた昨年のロンドンオリンピック3位決定戦では、デル=ポトロがジョコビッチをストレートで破り銅メダルを獲得していたため、今回ジョコビッチは芝コートでデル=ポトロにリベンジを果たした。

今年、両者はウィンブルドン前にも2度対戦しており、ドバイ・デューティー・フリー・テニス選手権準決勝ではジョコビッチ、BNPパリバ・オープン男子準決勝ではデル=ポトロがそれぞれ勝利していた。

2011年のウィンブルドンで初優勝を飾ったジョコビッチは、その後に発表された世界ランキングで1位の座を手にした。しかし、翌年の同大会では準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れ2連覇を逃すと同時に、王者の座をフェデラーに譲ってしまった。

今年ジョコビッチは、全豪オープンでオープン化以降初となる3連覇達成と大会4度目の優勝を飾った。その後、全仏オープンで4強入りするも、準決勝でR・ナダル(スペイン)に激闘の末に敗れ、キャリア・グランドスラム達成は来年以降に持ち越しとなった。

2年ぶりの決勝進出を果たしたジョコビッチは大会2度目の優勝をかけて、第2シードのA・マレー(英国)と第24シードのJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)の勝者と決勝で対戦する。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《王者ジョコビッチ「勝つ準備は出来ている」、五輪の悔しさ晴らせるか<ウィンブルドン>》

《負傷したデル=ポトロ、全仏準Vフェレール破る<ウィンブルドン>》

《元世界7位に追い込まれたマレー、全英で2度目の大逆転<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《錦織、勝っていれば2年連続デル=ポトロだった<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《【コラム】王者の椅子を譲る時、そして運命を分けた1ポイント◇第5弾 2012激闘シリーズ その6>》
(2013年7月6日13時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!