- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界7位に追い込まれたマレー、全英で2度目の大逆転<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は3日、男子シングルス準々決勝が行われ、第2シードのA・マレー(英国)がノーシードから勝ち上がったF・ベルダスコ(スペイン)を4-6, 3-6, 6-1, 6-4, 7-5の大逆転で下し、5年連続のベスト4進出を決めた。世界ランク2位のマレーは、77年ぶりの地元勢優勝を狙う。

この試合、勝敗がかかる第5セットでマレーはファーストサーブが入った時に89パーセントの確率でポイントを獲得し、ベルダスコに1度もブレークチャンスを与えなかった。さらに、1チャンスを活かしたマレーがベルダスコのサービスゲームをブレークし、3時間27分で試合に終止符を打った。

マレーは2008年の4回戦でR・ガスケ(フランス)と対戦した際も2セットダウンからの大逆転勝利を収めており、その時のスコアは5-7, 3-6, 7-6 (7-3), 6-2, 6-4だった。

26歳のマレーは、昨年のウィンブルドン決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れ、フレッド・ペリー以来となる76年ぶりの地元勢優勝を逃していた。

悲願の地元優勝目指すマレーは準決勝で、第24シードのJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)と対戦する。ヤノヴィッツは準々決勝で、ノーシードのL・クボット(ポーランド)を破り、グランドスラム初のベスト4進出を決めている。

マレーとヤノヴィッツは過去2度対戦しており、2009年のデビスカップではマレーがストレートで勝利、そして昨年のBNPパリバ・マスターズでは快進撃を続けていたヤノヴィッツが逆転で勝利した。

昨年マレーは、ロンドンオリンピックで金メダル、さらにL・ロブソン(英国)とのミックスダブルスでは銀メダルを獲得。そして、同年の全米オープンではグランドスラム初優勝を飾る活躍をみせた。

今年マレーは、全豪オープンで決勝進出を果たすも、N・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ準優勝に終わった。全仏オープンは怪我により欠場を余儀なくされるも、ウィンブルドンの前哨戦であるAEGON選手権で今季3度目の優勝を飾っており、好調を維持している。

一方、4強入りまであと1歩と迫ったベルダスコは、世界ランキングで現在は54位とするも、2009年に自己最高の7位を記録した実力者。

29歳のベルダスコは、2009年の全豪オープンでマレー、JW・ツォンガ(フランス)ら強敵を次々と下す快進撃で、R・ナダル(スペイン)との準決勝進出を果たしており、今回は自身2度目となるグランドスラムベスト4を狙っていた。今大会ではX・マリス(ベルギー)、第31シードのJ・ベネトー(フランス)E・ガルビス(ラトビア)K・ド=シェッパー(フランス)を破り、マレーとの準々決勝へ駒を進めていた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《世界2位マレーが告白「とてもショック、自信もなくなっていた」》

《王者ジョコビッチ「勝つ準備は出来ている」、五輪の悔しさ晴らせるか<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《死のブロックで生き残る地元マレー、見えてくる初優勝<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》
(2013年7月4日3時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!