- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

復活の添田豪「格別に気持ち良い瞬間でした」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)で、予選3試合を勝ち抜き、本戦2回戦まで勝ち進んだ添田豪(日本)は、自身の公式ブログで大会を振り返った。

世界ランク129位の添田豪は「自分にとってはどの試合も大事な意味を持つ試合でしたし、1試合ずつ自分のテニスが良くなっているのを感じ取れたので、本当に充実した大会でした。」と、話した。

昨年のウィンブルドンでI・クニツィン(ロシア)をストレートで破り、グランドスラムのシングルスで初勝利を飾った添田豪は、同年の7月に自己最高ランクとなる47位を記録する活躍をみせた。

しかし、今年に入り2回戦進出を果たした全豪オープン以降不調が続くも、ウィンブルドンで予選3試合を1セットも落とさずに勝ち抜き、4年連続の本戦出場を決めた。

さらに、1回戦でA・ハイデル=マウアー(オーストリア)をストレートで破り、ウィンブルドンで2年連続の初戦突破と同時に、グランドスラムでのシングルスでキャリア3度目の勝利を飾った。

そして、2回戦へ駒を進めた添田豪は第9シードのR・ガスケ(フランス)と対戦し、0-6, 3-6, 7-6 (7-5), 3-6で敗れ、グランドスラムで自身初となる3回戦進出とはならなかった。

「本戦1回戦ももちろん緊張しましたが、やはり2回戦の1番コートでのガスケ戦は、本当にここ最近では1番緊張しました。」

この試合、添田豪はガスケに11本のサービスエースと54本のウィナーを決められた。さらに、自身のサービスゲームで9度のブレークを許した添田豪は、2時間28分で2回戦敗退となった。

「ガスケへの苦手意識と1番コートで試合を行うという事で、色々な敵を自ら作ってしまったのかなと思います。」

添田豪は2セットダウンとするも、第3セットはタイブレークの末に最後はサービスエースを決め、セットカウント1−2として観客を大いに盛り上げた。

「ただ少しずつ自分のリズムを掴んでからは、今年に入ってのベストマッチと言えるプレーが出来たんじゃないかと思います。特に第3セットを取った時は、格別に気持ち良い瞬間でした!」

「もちろん負けてしまったのは悔しいですが、ここ最近失っていた自信と誇りを取り戻せた事と、何より自分のテニスが戻ってきたこと、或(ある)いは去年以上のテニスが出来ている手応えを感じる事が出来たのは本当に嬉しい事です。」

今後については「これからは今のテニスを維持、向上してランキングを上げて行きたいと考えています。まだまだやる事が多い分、これからだという気持ちです。」と、意気込みを語った。

【添田豪 ウィンブルドン戦歴】

<2013年>
・予選1回戦 勝利 N・メクティク 6-2, 6-0
・予選2回戦 勝利 D・ウドムチョク(タイ) 6-3, 6-2
・予選3回戦 勝利 B・パシャンスキ(セルビア) 6-2, 6-2, 6-4
・1回戦 勝利 A・ハイデル=マウアー 7-6 (8-6), 7-5, 6-1
・2回戦 敗退 R・ガスケ 0-6, 3-6, 7-6 (7-5), 3-6

<2012年>
・1回戦 勝利 I・クニツィン 6-3, 6-2, 6-1
・2回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 2-6, 3-6, 6-1, 4-6

<2011年>
・予選1回戦 勝利 L・コック 6-4, 6-4
・予選2回戦 勝利 M・フクソヴィックス 6-4, 6-3
・予選3回戦 敗退 L・ラコ(スロバキア) 4-6, 6-4, 2-6, 4-6
・1回戦 敗退 JW・ツォンガ(フランス) 3-6, 6-7 (4-7), 2-6
※ラッキールーザーで本戦入り

<2010年>
・予選1回戦 勝利 I・セルバンテス 6-3, 7-5
・予選2回戦 勝利 A・シドレンコ(フランス) 6-2, 6-3
・予選3回戦 敗退 J・ウィッテン 2-6, 2-6, 6-2, 4-6
・1回戦 敗退 M・フィッシャー(オーストリア) 4-6, 3-6, 1-6
※ラッキールーザーで本戦入り

<2009年>
・予選1回戦 勝利 L・クボット(ポーランド) 6-4, 3-6, 11-9
・予選2回戦 敗退 M・ヤニ(アメリカ) 2-6, 6-7 (5-7)

<2008年>
・予選1回戦 勝利 F・アルディ 6-4, 6-4
・予選2回戦 敗退 M・プルジシーズニー(ポーランド) 6-4, 4-6, 8-10

<2007年>
・予選1回戦 勝利 J・ワード(英国) 5-7, 6-0, 6-3
・予選2回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 6-7 (2-7), 6-2, 6-3
・予選3回戦 敗退 B・ウリフラフ(チェコ共和国) 7-5, 4-6, 6-1, 2-6, 2-6

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《「苦しかった」添田豪がみせた世界9位との戦い<ウィンブルドン>》

《28歳の添田豪、4度目の本戦出場へ<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《錦織、松岡以来18年ぶり8強とトップ10入りは持越し<ウィンブルドン>》

《錦織に続いた添田「シナリオ通り」、第9シードとの対戦へ<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

(2013年7月3日6時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!