- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「信じられないような試合」で王者に敗れたデル=ポトロ「やっぱり悲しい」<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は5日、男子シングルス準決勝が行われ、第8シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に5-7, 6-4, 6-7 (2-7), 7-6 (8-6), 3-6の大熱戦の末に敗れ、アルゼンチン勢としては2002年に決勝進出したD・ナルバンディアン(アルゼンチン)以来11年ぶりの決勝進出とはならなかった。

この試合、デル=ポトロは48本のウィナーを放つも、ジョコビッチには80本も決められてしまった。さらに、自身のサービスゲームで3度のブレークを許したデル=ポトロは、4時間43分で準決勝敗退となった。トータルポイント数は、デル=ポトロの178に対し、ジョコビッチは190だった。

試合後、デル=ポトロは「信じられないような試合だったけど、負けてしまったからやっぱり悲しいよ。」と、コメント。

世界ランク8位のデル=ポトロは、2009年の全米オープンで優勝した時以来のグランドスラム決勝進出とはならなかった。しかし、今年のウィンブルドンで大会初の準決勝進出を決めると同時に、2009年の全米オープン以来となるグランドスラム4強入りとなった。また、ウィンブルドンでは自己最高のベスト4進出となった。

「長い時間、芝の上で今までにないような最高のテニスが出来た。あと1歩だったけど、世界ナンバー1に勝つには十分ではなかった。」

デル=ポトロとジョコビッチは、ウィンブルドンと同じ会場で行われた昨年のロンドンオリンピック3位決定戦で対戦し、その時はデル=ポトロがジョコビッチをストレートで破り、銅メダルを獲得していた。

今年のウィンブルドンでデル=ポトロは、A・ラモス(スペイン)J・レヴィン(アメリカ)G・ゼミヤ(スロベニア)、第23シードのA・セッピ(イタリア)、第4シードのD・フェレール(スペイン)に1セットも落とさず勝利し、ジョコビッチとの準決勝へ駒を進めていた。

準々決勝のフェレール戦では、第1セットの第1ゲームで足を滑らせて転倒し左膝を負傷してしまうも、持ち味の強烈なストロークを武器に世界ランク4位のフェレールをねじ伏せた。デル=ポトロとフェレールは、昨年のウィンブルドン4回戦でも対戦し、その時はフェレールが勝利していた。

また、第12シードで出場した錦織圭(日本)は、3回戦でセッピに勝利していた場合、4回戦ではデル=ポトロと対戦する事となっていた。錦織とデル=ポトロは、大会前に練習をしていた。

今年デル=ポトロは、全豪オープン3回戦でJ・シャーディ(フランス)に敗れる波乱に見舞われ、その後の全仏オープンは欠場していた。

デル=ポトロを破ったジョコビッチは、決勝で第2シードのA・マレー(英国)と対戦する。準決勝で世界ランク2位のマレーは、第24シードのJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)に逆転で勝利し、2年連続の決勝進出を決めている。


《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《4時間43分の大激闘、ジョコビッチが王者の底力発揮<ウィンブルドン>》

《王者ジョコビッチ「勝つ準備は出来ている」、五輪の悔しさ晴らせるか<ウィンブルドン>》

《負傷したデル=ポトロ、全仏準Vフェレール破る<ウィンブルドン>》

《元世界7位に追い込まれたマレー、全英で2度目の大逆転<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《錦織、勝っていれば2年連続デル=ポトロだった<ウィンブルドン>》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《錦織が世界8位デル=ポトロと芝で調整<ウィンブルドン>》
(2013年7月6日15時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!