シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

2005年 年末特集:第17回『マリア・シャラポワ』

マリア・シャラポワ
マリア・シャラポワ
マリア・シャラポワ
画像提供:Getty/AFLO
選手名/出身地マリア・シャラポワ/ロシア ランキング4位/(昨年4位)
今季勝敗53勝12敗 タイトル数3 獲得賞金1,921,283ドル
主な成績優勝:東京、ドーハ、バーミンガム 準優勝:マイアミ
コメント
年末特集17回目の今回は、いまやテニス界のみならずスポーツ界のヒロインとなったマリア・シャラポワを特集する。
シベリアで生まれ、4歳でテニスを始めたシャラポワは、マルチナ・ナブラチロワにその才能を見出され、数百ドルを手に父と二人でフロリダのニック・ボロテリー・テニス・アカデミーの門をたたいた。一日も早く両親を楽にしてあげたいという強い気持ちが彼女を支え続けた。自身、当時を振り返り「私の家は裕福でなかったけれど、一生懸命夢に向かって努力を続ければ、きっと夢はかなえられると信じていた。たとえ夢に届かなかったとしても、自分の全てを出して努力したのであればきっと後悔はしないはずだから。」と語っている。
ここ数年のシャラポワの大躍進には驚かされる。2002年末には186位だった世界ランキングが、そのわずか一年後には32位まで跳ね上がり、翌2004年には、全仏オープンでベスト8進出を決め、ウィンブルドン制覇を達成してしまったのだ。また年度末にトッププレーヤーだけで争われるWTAツアー最終戦でも優勝してしまうという偉業も成し遂げてしまったのだから驚きだ。このときのシャラポワは、まさにアメリカンドリームを体現しているかのようだった。ちょうどこの頃、モデル・エージェンシーと契約を交わすなど、同じロシア出身のアンナ・クルニコワとその活動内容が似ていたことから比較されることが多くなったが、多くの選手がシャラポワとクルニコワは全く違うと断言する。モニカ・セレス曰く、「彼女(シャラポワ)の目を見れば、彼女がただものでないことが分かるはず。すさまじい練習量に支えられた自信と、絶対に負けないというファイティング・スピリットが溢れている。着実にツアーで結果を出し続けているところだけを見てもアンナとは似ても似つかないわ。」と、語っている。
そして迎えた2005年、世界ナンバー1の座を完全に射程圏内におさえたシャラポワだったが、彼女を待っていたのは「シャラポワ包囲網」だった。それまでは常にチャレンジャーだった立場が一転し、全選手が打倒シャラポワで挑んでくるようになる。追う立場から追われる立場へ。この微妙な変化がプレーに影響を与えたのか、常に安定した成績を残しつつも、全豪オープンでは準決勝でセリーナ・ウィリアムズに敗退し、全仏オープンでもベスト8どまり、連覇のかかったウィンブルドンでも優勝したヴィーナス・ウィリアムズに敗れてしまう。取りこぼしは少ないものの、あと一歩のところでどうしてもビッグタイトルに手が届かない。シャラポワにとっては消化不良の日々が続くことになる。
しかし、そんなシャラポワを待っていたのは世界ランキング1位という別の栄冠だった。他選手に比べ、取りこぼしの少ないシャラポワは着実にランキングポイントを積み重ね、8月のUSオープン前にはダベンポートを抜きさり見事世界1位へ躍り出たのだ。結局、数週間後には1位の座を再びダベンポートに譲ることにはなったが、それはシャラポワの強さを垣間見た瞬間であった。
今シーズン、出場したツアー15大会全てでベスト8以上と非常に安定した成績をのこし、短期間ではあったが世界1位にも就いた。鮮烈なデビューを果たした昨年ほどではなかったが、シャラポワにとって充実した1年であったことには間違いない。当然、来季の活躍に期待がかかるところだが、肩や胸筋に故障を抱えているなどまったく不安材料がないわけではない。トップ選手の故障が相次ぐ中、ぜひとも来シーズンは、元気な姿でグランドスラムでの2度目のタイトルと、世界1位への返り咲きを期待したいところだ。
今年度各大会成績
大会期間 大会名 コート種別 結果 ランク 関連ニュース
1/17〜1/30 全豪オープン ハード ベスト4 4位
1/31〜2/6 東レ・パンパシフィック・オープン カーペット 優勝 4位
2/21〜2/27 カタール・トタル・オープン ハード 優勝 4位
3/7〜3/20 パシフィック・ライフ・オープン女子 ハード ベスト4 3位
3/21〜4/3 NASDAQ-100オープン女子 ハード 準優勝 3位
5/2〜5/8 女子ドイツ・オープン クレー ベスト8 2位
5/9〜5/15 テレコム・イタリア・マスターズ女子 クレー ベスト4 2位
5/23〜6/5 全仏オープン クレー ベスト8 2位
6/6〜6/12 DFSクラシック グラス 優勝 2位
6/20〜7/3 ウィンブルドン グラス ベスト4 2位
8/8〜8/14 JPモルガン=チェイス・オープン ハード ベスト8 2位
8/29〜9/11 USオープン ハード ベスト4 2位
9/19〜9/25 チャイナ・オープン女子 ハード ベスト4 1位
10/10〜10/16 クレムリン・カップ女子 ハード ベスト8 1位
11/7〜11/13 WTAツアー・チャンピオンシップ ハード ベスト4 3位

その他のニュース

11月17日

【告知】ティームvsチチパス (20時02分)

フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

11月16日

ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

11月15日

【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved