シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

ナルバンディアン優勝 大逆転でフェデラーに勝利

ダビッド・ナルバンディアン
初メジャータイトルを獲得したナルバンディアン
 
ロジャー・フェデラー
惜しくも大会3連覇を逃した王者フェデラー
画像提供:Getty/AFLO

(中国、上海)

マスターズカップ(賞金総額445万USドル、インドア)は日曜日決勝が行われ、D・ナルバンディアン(アルゼンチン)が世界ランク1位のR・フェデラー(スイス)を6-7 (4-7), 6-7 (11-13), 6-2, 6-1, 7-6 (7-3)の大接戦の末に下し、見事優勝を飾った。ナルバンディアンはG・ビラス(アルゼンチン)が1974年に優勝して以来のアルゼンチン人優勝者となった。

これで全仏オープン準決勝以降35連勝だったフェデラーの連勝記録はストップし、今季成績は81勝4敗となり、J・マッケンロー(アメリカ)が1984年に達成した9割6分5厘(82勝3敗)の年間勝率記録にあと1勝及ばなかった。

試合後ナルバンディアンは「おそらく世界中が驚いているんじゃないかな。世界ランク1位のフェデラーを下して、彼の記録もストップさせたのだから。」と話した。「彼(フェデラー)はほとんど試合に負けないから、今日の勝利は本当に信じられないよ。」ナルバンディアンは続けて「試合開始直後からいいプレーができていた。こんな形で勝てて本当に驚いているし特別な気分さ。」と手放しの喜びようだった。ジュニア時代からのライバルに勝利し、表彰式のコメントでは「君にとってこのタイトルは最後ではないだろうから、今回は僕のものにさせてくれよ。」とフェデラーに語りかけていた。これでナルバンディアンのフェデラーとの生涯対戦成績は6勝4敗となった。

この試合、最終セットで一時0-4と大きくリードを許したフェデラーだが、その後果敢に攻め6-5と逆転に成功したときは、『やはり優勝はフェデラーだろう』と誰もが思った。しかし、試合がタイブレークまでもつれ込むと、ナルバンディアンの猛攻の前にタイブレイクを3-7と落とし試合終了となった。

ナルバンディアンは「(約3時間にも及んだ)最初の2セットは非常に拮抗していた。第1セットの最後のポイントのように(セットポイントでフェデラーのリターンがネットイン)、いくつかの大切なポイントでは、運までも彼(フェデラー)に味方していたのだから、あの時点で僕自身も勝利を信じることは難しかったよ。でも第3セットの始めにフェデラーが調子を落としはじめたのを見て、チャンスがあると感じ、それ以降はとにかく攻撃的なテニスを心がけたんだ。今年一番の大試合だった。今はすべてを出し切った感じだね。」と笑顔で語った。

フェデラーは2003年7月13日にグシュタードの大会でJ・ノヴァーク(チェコ共和国)に敗れて以来、決勝に24回登場し一度も負けていなかったが、この日の敗戦でその記録もふいにする結果となった。決勝での24連勝はツアーのオープン化以降、前人未到の記録。

まさかの敗戦を喫したフェデラーは、「本当にすばらしい一年だったし、すばらしい大会だった。僕はあまり負けないから今日の敗戦は残念だし、今もその気持ちは残っている。でも良かったとも思っているんだ。だって優勝まであと一歩というところまでこれたのだから。第5セットで大きくリードされたときは、とても挽回できるとは思わなかったけれど、それでも何とか追いつけたしね。3週間前には松葉杖をついていたことを考えれば、今こうしてベストなプレーができていることだけで十分幸せな気分だよ。」と試合を振り返っていた。

フェデラーは、右足首を痛め、大会直前の6週間休養をとっていた。まだ万全な状態でないのか、この試合でも第4セットの始めにはメディカルタイムアウトをとり、右足太腿の治療を行っていた。試合後、怪我の状態について聞かれると「あれは痛みじゃなくて、ものすごい疲労だったんだ。今大会を通じて僕の足は未だ100%の状態ではなかったけど、殆ど気にはならなかった。」と話した。

この結果、フェデラーは年間最終ランキングを2年連続の1位、ナルバンディアンはマスターズカップ前の11位から6位まで上昇させて2005年シーズンを終えることとなった。



(2005年11月21日)

その他のニュース

10月20日

【告知】マレーvsワウリンカ (18時46分)

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved