シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

フェデラー、フルセットでコリアを下し準決勝へ

ロジャー・フェデラー
これでラウンドロビン12連勝となったフェデラー
画像提供:Getty/AFLO

(中国、上海)

ATPツアー最終戦マスターズカップ(賞金総額445万USドル、インドア)5日目の木曜日、レッド・グループ予選最後の2試合が行われた。

王者R・フェデラー(スイス)G・コリア(アルゼンチン)との試合で、食い下がるコリアを振り切り、6-0,1-6, 6-2のフルセットで勝利を収め、自己の連勝記録を34に伸ばすと同時に、今季の勝ち星も80に伸ばした。またツアー最終戦予選ラウンドではこれまで3回の出場で12勝負けなしとした。

この試合、フェデラーが第1セットを一方的に先取したところで、コリアがタイムアウトを要求し、痛めていた足のテープを巻き代え、試合を棄権するかに見えた。しかしコリアは第1セットに浴びせられたブーイングに憤慨するかのようにコートに戻ると、まるで人が変わったかのようなプレーをみせ、フェデラーから第2セットを奪い返した。

コリアは「第2セットでももちろん痛みはあったが、相手と観客の皆さんに敬意をはらうべく、痛みを押してプレーに集中したんだ。それにこの試合が今シーズン最後の試合だったし、どうしても戦い抜きたかったんだ。でも、もう忘れるよ。」と、すでに予選敗退が決まっていた彼は、苦しい状態にも関わらず試合を続けた真意を伝えた。

第3セットも、第5ゲームまでは両者サービス・キープが続くという緊迫した展開で試合は進んだが、そこでまたコリアの痛みが悪化し、自身のダブルフォルトでブレークを許すとフェデラーが4-2とリードを奪った。その後フェデラーが2ゲームを連取し、最後はコリアのこの日9回目のダブルフォルトで試合に終止符が打たれた。

この試合では、フェデラーも決して完璧なプレーとは言えず、彼らしからぬ33個ものミスを犯していた。「何もかも完璧とはなかなか行かないものだ。この試合では幸い体力を浪費することだけはなかったけど、やっぱり第2セットでもっと良いプレーを見せることができなかったのは、後悔しているよ。」と、フェデラーはこの日の試合を振り返っていた。

今大会、すでに準決勝進出を決めていたフェデラーは、今季の成績を80勝3敗とし、R・ナダル(スペイン)の勝ち数を抜き、今季ATPツアーでの最高勝ち数を記録した。オープン化以来の最高シングルス勝率の82勝3敗を1984年に記録したJ・マッケンロー(アメリカ)に並ぶには、あと2試合に勝利、つまり今大会で優勝する必要がある。フェデラーの最後の敗戦は、6月3日の全仏オープン準決勝での敗退で、その対戦相手だったナダルは、怪我のため今大会欠場を表明している。


ダビッド・ナルバンディアン
マドリッドでの借りを返したナルバンディアン
画像提供:Getty/AFLO

フェデラー戦に先駆けて行われたこの日の第1試合では、D・ナルバンディアン(アルゼンチン)I・リュビチッチ(クロアチア)を6-2, 6-2のストレートで退け予選2位通過を決めた。ナルバンディアンはこれで、1982年のG・ビラス(アルゼンチン)以来準決勝へ進出したアルゼンチン人となり、別組トップ通過のN・ダビデンコ(ロシア)と対戦する。

ナルバンディアンは、4週間前のマドリッドでのマスター・シリーズ2回戦で、リュビチッチに敗れていたが、この試合ではわずか67分のストレートでその雪辱を果たした。「いつもこんな試合ができたら、ランキングももっと上になるのにね。もちろんそれは簡単なことではないし、このような大事な試合だからこそモチベーションも上がるんだけどね。」とナルバンディアンは自分の出来に上気分だった。「インドアでは、これまでのベスト・マッチだった気がするよ。」

このところマスター・シリーズでも2大会連続で決勝進出している好調リュビチッチだったが、この日はナルバンディアンの気迫に完全に押されているように見えた。「今日はほとんど何もできなかった。彼(ナルバンディアン)は信じられないプレーをしてきた。僕は220キロを越えるサービスを打ったけれど、その半分のスピードしか出していないかのように軽々とリターンされてしまった。完敗としか言いようがないけど仕方ないね。」と、ナルバンディアンのプレーを賞賛していた。



(2005年11月18日)

その他のニュース

6月17日

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved