"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOP流れや展開を読む 上巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.14 流れや展開を読む 上巻

こんな展開ではどちらが有利?
楽にキープか、苦労してキープか

次にキープ・キープという展開の中で、どちらに流れが来ているのか、どちらが有利なのかを検証してみたいと思う。

ある試合がキープ・キープで進んでおり、そのキープの内容が対照的な展開だったとしよう。ひとりはつねにデュースや30オールという展開。キープに苦しんでいるという状況だ。反対に相手はつねに楽な展開。ラブゲームやポイント先行でつねに余裕を持ってキープしているという流れだ。

常識的に考えると、キープに苦しんでいるプレイヤーのほうが圧倒的に不利だ。自分のサービスゲームを守ることに精一杯で、リターンゲームにまで気が回りにくいからだ。そんな状態ではますます相手に余裕を持ってキープされてしまう。それがまたサービスゲームで自分の首を絞めることにつながる。つまりキープに苦しむと悪循環に陥りやすくなるわけだ。おそらく、前半は何とかしのいでも、後半にブレイクされる。それがごく一般的な試合の流れだ。

タイブレイクでは、それまでの流れや内容が持続することはじつは少ない。また地力に勝るほうが勝つとも限らない。むしろ格下の選手が、心理的に有利になれることさえある

ただこの流れが一転して逆流することが、テニスではしばしばある。タイブレイクにまでもつれ込んだ場合である。

タイブレイクでは、それまでの流れや内容が持続することはじつは少ない。また地力に勝るほうが勝つとも限らない。むしろ格下のため青息吐息でどうにか離されないようにしがみついてきたほうが、心理的に有利になれることさえある。トップ10のタイブレイク勝率が、かならずしも高いわけではない事実がそれを物語っている。

試合の流れを推理するうえで、キープの内容は見逃せない要素だ。大きなウエイトを占めているといえる。ただ、タイブレイク以前と以後では、試合の流れはまったく別物。強者と弱者の立場が逆転する可能性さえある。この点がテニスというゲームの醍醐味でもあり、面白味でもある。

読者の方に覚えていてほしいのは、まさにこの点だ。最後まで諦めてはいけない。試合について経験豊富な人が「試合が終わるまで諦めるな!」というのは、それだけの根拠があるからだ。1球1球に集中すれば、1ポイント1ポイントをおろそかにせず食らいついていけば、タイブレイクへと持ち込めるかもしれない。そうなったら、上下関係は一切なくなる。勝つチャンスは小さくないのだ。

試合に挑戦すれば、当然、体格や筋力に個人差がある。それだけテニスにも差が出やすいということになる。しかしたとえ圧倒的な実力差があったとしても、かならずしも負けるとは限らない。プロの試合を注意深く観戦すると、それが見えてくるはずだ。
<< 前ページ

「プロが駆使する戦略を読み解く 布石のショットを見逃すな!」>>

(テニスジャーナル 2004年4月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!