"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPボレーの極意と心構え 上巻

SPECIAL COLUMNS

Vol.10 ボレーの極意と心構え 上巻

早い段階からタッチ&フィールを意識し、研ぎ澄ましていくことが大切
ここまで、愛好家がテニスを楽しむために、いかに「タッチ&フィール」が重要かを述べてきた。次からは、そのコツ、注意点などを紹介しよう。
「タッチ&フィール」はボレーに伸びを加味する要素で、リラクセーションを前提とした技術と言える。指先、手、腕全体、肩など、おもに上肢が脱力していないとタッチは発揮できない。簡単にいえば、最初からずっとグリップを強く握りしめていてはタッチの感覚は向上しない。これは理屈ではないが、多くの人が実感している事実だ。
また脱力だけではなくて、インパクトの瞬間に力を込める必要もあるが、どの程度力を込めるかが問題。もちろん飛ばしたい距離によって力の入れ具合は違ってくるが、それは計測することはできない。これぐらい力を入れるとこれぐらいボールが飛ぶという感覚は、練習で培うしかないのだ。
もちろんボレーに必要なのは「タッチ&フィール」だけではない。前述したとおり、インパクトでの面の角度もおろそかにできない要素。面の角度は、コントロールを担っている。だが、「伸び」と「コントロール」のどちらを優先すべきかを考えたとき、愛好家は「伸び」を優先すべき、とここでは述べておきたい。そのほうが将来性が高いからだ。
「タッチ&フィール」は意識しないと身につかない。そして「タッチ&フィール」は腕前が上がれば上がるほど、身につけるのに時間がかかる。逆に「面の角度」は単に技術的なことなので、あとからでも修正がきく。優先順位は「タッチ&フィール」が高い。
サンプラスの肘を柔らかく使った伸びのあるフォアボレー
インパクトからフィニッシュまで、右肘を曲げながら柔らかく使って、ボールに伸びを加味しているサンプラスのフォアボレー。力が入っていると、こううまくは肘を使えない。リラックスして打っている典型的なボレーだ
<< 前ページ

「ボレーの極意と心構え 3 ネット前の居心地」>>

(テニスジャーナル 2003年10月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!