"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPメンタル・ステージの高め方・その考え方

SPECIAL COLUMNS

Vol.6 メンタル・ステージの高め方・その考え方 上巻

あれよあれよという間に、いよいよ決勝戦。本人がもっとも意外で、驚いているかもしれない状況だ。しかし勢いがあるのはたしか。優勝は可能だろうか。

優勝の可能性やそのための心構えや姿勢について述べる前に、まず当人のコンディションについて考えてみよう。

ここまで何度か述べているとおり、草大会初級者にとっては、毎試合が全力投球。予想外に決勝まで勝ち上がってきたため、いっぱい、いっぱいの精神状態になっている可能性が高い。また肉体的にも事情はほぼ同じ。たとえ準決勝からある程度、時間があいたとしても、試合が連続していたのは間違いない。ようは、体力・気力ともに限界に近いのが、このときの状態だ。

こうしたコンディションにある場合、ともすれば陥りやすいのが、よそいきテニスをしてしまうこと。とくに初めての決勝戦のような大舞台になると、ふだんの自分より、背伸びしたプレイをしてしまいがち。エース狙いやハードヒットのオンパレード。派手なプレイになりかねないわけだ。

もし対戦相手が上位常連者なら、そうしたコンディション不良を見逃してはくれない。自分は堅実なプレイに専念し、相手に無理をさせる。そしてミスを誘う。自分は実力的にもコンディション的にも上位にいるので、冒険をせず勝ちきろうとの思惑だ。

したがってふだんどおりのテニスを心がけることが、この場合、大切となる。勢いに乗ることと、調子に乗ることは区別して考えたい。

初の決勝戦進出で、試されるものとは

もっともこんな体験ができるのは、プロでもそう多くはない。ノーシードのプレイヤーが決勝まで勝ち上がると、テニス界ではニュースになる。さらに優勝となると、かなりのハプニングとなる。つまりは、それだけ可能性が低いということだ。

とはいえまったくその例がないわけではない。古くは全仏のマッツ・ビランデルやマイケル・チャンが、ノーシードからチャンピオンになっている。ただ彼らは勢いだけで優勝したわけではなかった。のちに上位に定着したことからわかるように、実力が伴っていたのもたしか。自分にもその地力があるかどうか。初の決勝戦では、それが試されるわけだ。

<< 前ページ

(テニスジャーナル 2003年11月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!