"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPメンタル・ステージの高め方・その考え方

SPECIAL COLUMNS

Vol.6 メンタル・ステージの高め方・その考え方 上巻

2回戦では一転してプラス思考になりやすい

前述したように、1回戦は緊張感に包まれた中での試合となる。その中で勝ちきることで、緊張感はかなりほぐれてくる。誰にとっても、1回戦負けはきつい。できれば避けたいものだ。たとえば1回戦負けを喫したとき、口をついて出るのは反省の言葉ばかり。ああすれば良かった。あれができなかったのが、敗因だ。このように、どうしてもマイナス思考になりがちだ。

しかしそれだけに、ここを勝ちきると精神状態は一気にプラスに転じる。心理的に思い切ったプレイができる状況となりやすい。とくに2回戦。2回戦ではまだシードと当たることは少ない。相手はまだ対等のレベルであることが多い。つまり気後れしないため、思い切ることができるのだ。

また、初戦の不安要素だった会場やサーフェスへの慣れも、プラス思考を後押ししてくれるに違いない。

勝敗にかかわらず、前向きな気持ちで終わるのが3回戦

しかし3回戦ともなると、そうはいかない。相手はシード選手である可能性が高い。たとえそうでなくても、そこまで勝ち上がってきているのだから、実力者であることは確実。むずかしい試合になるだろう。

とはいえ、こちらも1、2回戦を勝ち抜き、気分的にはかなり上向き。自分のプレイに自信が芽生え始めてもいる。名前負けはしたくない。少なくとも1回戦でその(シード)選手と対戦するときよりも、いいプレイができるのはほぼ間違いない。失うものは何もないのだ。

つまり環境的には大胆なプレイできる条件がそろっているのが3回戦あたり。たとえ負けても、実力者、もしくはシードが相手なだけに、納得もできる。勝っても負けても、ステップアップに向けて、前向きな気持ちで思い切り戦うことができるのが、3回戦である。
<< 前ページ

「上位進出が目標の人の準々決勝、準決勝の入り方」>>

(テニスジャーナル 2003年11月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!