"

- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOPスペシャルコラムTOPメンタル・ステージの高め方・その考え方

SPECIAL COLUMNS

Vol.6 メンタル・ステージの高め方・その考え方 上巻

優勝候補やそれにほぼ匹敵するレベルのプレイヤー。このクラスとの対戦ともなると、それまでとはまったく違う視点、価値観が必要になってくる。

おそらくそれまでは、自分のプレイのことしか見えていないはず。また勝つことだけを念頭に懸命にプレイしてきたはず。ひとつひとつのショットを大切に、全力で打ち返す、粘る、拾う。そんなプレイだ。もちろんそうでなければ、草大会初級者の人がここまで勝ち上がることはむずかしい。結果から言えば、そうでなくてはならないのだ。

しかしここまで勝ち上がってくると、それだけでは十分といえない。もちろん勝つことに全力を傾ける姿勢・心構え・努力が最優先事項ではある。ただ、それプラス、自分の満足度をはかることも大切だ。優勝候補クラスを相手に、自分はどのようなプレイをすべきか、またどのような試合をすれば内容的に満足できるのか。それをあらかじめ設定し、試合中どこまで実現できるかを見極めるのだ。

これまでの方向性の正しさが実感できるのがこの時期

強豪相手に、自分のテニスがどこまで実現できて、どこからは通用しなかったか。その結果により、彼らとの上下関係がおぼろげながら見えてくるわけだ。満足度次第では、自分も上位陣の仲間入りを果たすことができたと実感できるかもしれない。少なくとも、その大会に限っては、そう思ってかまわないはずだ。

また、これまでの方向性の正しさも自覚できる。自分は間違った方向にきていない。もっともっと上達できる。そんな自信も湧いてくるかもしれない。と、同時に課題や問題点も当然、見えてくる。相手にあって自分にないもの。不足しているものなどだ。だがしかし、それはけっしてネガティブなものではない。勝敗にかかわらず、ここまでできたという実感を伴った反省点だからだ。ある意味で、テニスに対する取り組みがよりポジティブになるのが、この時期だといえるだろう。
<< 前ページ

「上位進出が目標の人の決勝戦の入り方」>>

(テニスジャーナル 2003年11月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

スペシャルコラム 一覧

Vol.29実戦想定球出しメニュー 下巻
Vol.28実戦想定球出しメニュー 上巻
Vol.27パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 下巻
Vol.26パートナーの体格・特徴別ダブルスでの心構えと戦略 上巻
Vol.25誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 下巻
Vol.24誰にでもできる簡単ネット予測 シングルス 上巻
Vol.23上級者の甘い罠に気をつけろ!
Vol.22トスは前に上げすぎてはいけない!
Vol.21次の対戦相手の試合の見方
Vol.20試合でも使えるミス矯正法
Vol.197つのステップアップ・サービスメニュー
Vol.18あなたのボレーはシングルス向き?ダブルス向き?
Vol.17最先端テクニックの落とし穴
Vol.16急造ペアの即席コンビネーション
Vol.15流れや展開を読む 下巻
Vol.14流れや展開を読む 上巻
Vol.13テニスの身体 下巻
Vol.12テニスの身体 上巻
Vol.11ボレーの極意と心構え 下巻
Vol.10ボレーの極意と心構え 上巻
Vol. 9 スライスで翻弄せよ
Vol. 8 逆をつくサービス・コンビネーション
Vol. 7 メンタルステージの高め方 下巻
Vol. 6 メンタルステージの高め方 上巻
Vol. 5 安定感を高めるアドバイス集
Vol. 4 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 後編
Vol. 3 Serve&Volleyの傾向と対策 シングルス 前編
Vol. 2 シングルスプレイヤーのためのダブルス戦略
Vol. 1 こんなとき、パートナーになんて言う?
オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!