- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

優勝ジョコを錦織が称賛

男子テニスのマイアミ・オープン男子(アメリカ/マイアミ、ハード)は3日、シングルス決勝戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードの錦織圭(日本)を6-3, 6-3のストレートで退け、3連覇と同時に大会最多優勝に並ぶ6度目の優勝を飾った。

>>マイアミ・オープン 対戦表<<

決勝戦、最後は錦織のフォアハンドがフレームショットするとジョコビッチはネットへ近付き、飛び上がって喜びを表現した。

その後に行われた表彰式でジョコビッチは、19歳で初めてマスターズ大会で優勝したこの大会のことを思い出していた。

「この大会には特別な繋がりがある。2007年にテニス人生で初めてビッグ・タイトルを獲得した大会。今後も同じようなことが続いてくれると切に願っている。」と語った。

マイアミ・オープン男子で6度目の優勝は、元世界ランク1位のA・アガシ(アメリカ)が持つ最多優勝に並ぶものとなった。

しかし、ジョコビッチの好調はこの大会に限ったことではなかった。今季はここまで28勝1敗で、その唯一の敗戦もドバイ大会の準々決勝で目の炎症のためにF・ロペス(スペイン)との試合を途中棄権した時だった。

マスターズ大会28度目の優勝は、これまでR・ナダル(スペイン)と並んでいた最多優勝の27度を塗り替えるものとなった。今大会直前のBNPパリバ・オープン男子と2大会連続優勝もこれで3年連続となった。

ジョコビッチはこの日の勝利がキャリア通算714勝目となり、これは現在のコーチであるBo・ベッカー(ドイツ)を超え、オープン化以降歴代11位の記録となった。

「それは1番重要な事実。」とジョコビッチは微笑みながらコメントした。

第6シードの錦織はこれでジョコビッチに6連敗となり、サービスの不調が目立つ試合内容となった。試合を通して5度のダブルフォルトを犯し、セカンドサービスをジョコビッチに攻められ5度のブレークを許してしまった。

錦織は第2セット途中でトレーナーを要求し、左足に処置を施すシーンがあった。しかし、錦織の最大の問題はコートの向こうにいた対戦相手だった。

準優勝の錦織は「次回は仕返ししたいと思う。」と語ると、その後マイクを手にしたジョコビッチは「そうならないことを願う。」とジョークで返すやり取りがあり、会場から笑いを誘った。

錦織は続けて「ノヴァーク(ジョコビッチ)との対戦は常にタフ。自分のプレーも悪過ぎたわけではなかったけど、同時に彼は最高のテニスをしていた。とても粘り強く、ほとんどミスをしなかった。」とジョコビッチを称賛した。

今大会でジョコビッチは1セットも落とさない完全優勝を飾ったが、そんな中でも決勝戦にピークを合わせていたと話す。

「インディアンウェルズとマイアミでの最高の2試合は、いずれも決勝戦でのプレーだった。それには本当に満足している。」

この優勝でジョコビッチは103万ドル(約1億1,500万円)を手にし、R・フェデラー(スイス)が持つATPツアー獲得最多賞金額を超える9,820万ドル(約109億5,000万円)とした。

ジョコビッチは4日、拠点を置くモンテカルロへ帰る。そのモンテカルロにて1週間後に行われるマスターズ大会で、ジョコビッチは今年のクレーコート・シーズン初戦を迎える。これまで11度のグランドスラム優勝を持つジョコビッチだが、そのクレーコートで行われる全仏オープンだけが唯一優勝出来てない。

「クレーコート・シーズンの始まりには多大なモチベーションを感じている。そして、そのシーズンを全仏オープンでの優勝で締めくくれたらと願っている。もちろん、優勝を狙っているのが自分だけではないことは分かっている。」と厳しい道のりであることを認識していた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織は「過去最高」
・錦織 ジョコに「次は勝ちたい」
・錦織「ずるい」 7選手を羨む
(2016年4月4日13時43分)

その他のニュース

8月12日

止まらないキリオスが8強入り (8時45分)

快勝オジェ 前週リベンジで8強 (8時15分)

過去2度Vのハレプ 3年ぶり8強 (7時45分)

ガウフ8強 3時間超え激闘制す (7時15分)

ルード 激闘制し2年連続の8強 (6時01分)

8月11日

2019年女王、激闘制し16強 (23時35分)

西岡良仁、敗退も「相当いい」 (22時38分)

アルカラス「世界4位の重圧」 (21時41分)

波乱 一夜でトップ3シード敗退 (16時02分)

昨年大会Vのジョルジ 16強 (15時40分)

セリーナ「さよならトロント」 (15時01分)

シフィオンテク 完勝で初戦突破 (14時23分)

キリオス「方向性明確」メド撃破 (13時57分)

ナダルらウクライナ支援マッチへ (13時14分)

錦織 サンディエゴOP出場を発表 (11時39分)

西岡良仁 オジェに屈し16強逃す (11時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsオジェ アリアシム (7時11分)

ナダル出場「明日現地へ」 (6時57分)

アルカラス 激闘の末に初戦敗退 (6時35分)

キリオス、メド撃破で16強 (5時58分)

チチパスとルード ビッグ4と共演 (0時21分)

8月10日

WB優勝ペア撃破で初戦突破 (23時04分)

モンフィス 3カ月ぶり白星 (20時35分)

フリッツ、マレー撃破「光栄」 (18時15分)

女子国別対抗戦が有明で開催 (17時30分)

西岡「めっちゃアウェイ」 (14時31分)

ジョルジ 全米女王破り2回戦へ (12時52分)

キリオス 2回戦でメドと対戦 (11時40分)

「セリーナを見て育った」 (10時42分)

セリーナ「さよならが苦手」 (9時58分)

前週準Vの西岡、初戦突破 (9時05分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsペール (7時45分)

大坂「開始直後に痛めた」 (7時42分)

18歳ガウフ 完勝で初戦突破 (7時22分)

ベレッティーニ 完敗で初戦敗退 (6時47分)

大坂なおみ 腰負傷で途中棄権 (6時13分)

【1ポイント速報】大坂vsカネピ (4時55分)

8月9日

元女王セリーナが引退示唆 (23時58分)

元世界3位 MP6本目で勝利 (20時07分)

パリ五輪 全仏OP会場で開催 (18時42分)

西岡良仁「素晴らしい1週間」 (17時03分)

ハチャノフ 単200勝達成 (15時42分)

フェルナンデス 2カ月ぶり白星 (15時18分)

ハレプ完勝「自信に繋がった」 (14時23分)

フェデラー41歳「歳とったなぁ」 (12時29分)

前週Vメド5位へ 最終戦ランク (9時14分)

ワウリンカ撃破「夢が叶った」 (8時27分)

セリーナ 14カ月ぶり白星 (7時28分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!