日比野と本玉 揃って予選決勝へ

ゲッティイメージズ
(左から)日比野と本玉
画像提供:ゲッティイメージズ

6日に開幕する女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)は3日、シングルス予選1回戦が行われ、予選第3シードで出場した世界ランク81位の日比野菜緒と同119位の本玉真唯が揃って勝利をあげ、本戦入りに王手をかけた。

2試合に勝利すれば本戦入りの権利が手に入るこの予選。

日比野は1回戦で世界ランク116位のJ・リエラ(アルゼンチン)と対戦。第1セットを先取した日比野は第2セットも2度のブレークを奪うも、サービスゲームで計3度のブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれる。

それでもファイナルセットでは2度のブレークに成功。反撃を1度に抑え、2時間13分の熱戦をものにした。スコアは日比野の6-3,4-6,6-3。

一方の本玉は1回戦で予選第7シードのL・シゲムンド(ドイツ)と激突。第1セット、4度のブレークに成功するなど圧倒した本玉が先行するが、第2セットは同じく4度のブレークを許しセットカウント1-1に。それでもファイナルセットはファーストサービスが入る確率で86パーセントを記録し優位に展開。1度ブレークされたものの、リターンゲームでは2度のブレークに成功し2時間5分で勝利した。スコアは本玉の6-1,3-6,6-4。

日比野は予選決勝で世界ランク696位のシェ・シュウェイ(台湾)と対戦する。シュウェイは1回戦で予選第13シードのK・ラヒモワをフルセットで下しての勝ち上がり。

本玉は世界ランク110位のC・リウ(アメリカ)と顔を合わせる。リウは予選1回戦で第21シードのM・ティモフェーワをストレートで下しての勝ち上がり。

本戦には世界ランク287位の大坂なおみがスペシャルランキング(出産や負傷などによる長期離脱選手の救済制度)で参戦予定となっている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・大坂、出産時は「人生最悪の痛み」
・処分取り消しも「19カ月は苦痛」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年3月4日10時59分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)